Live to Die Another Day -存在証明- MIYAVI 歌詞 PV

Live to Die Another Day -存在証明-

Live to Die Another Day -存在証明-

Live to Die Another Day -存在証明-

発売日:2017年4月5日
歌手:MIYAVI
作詞:MIYAVI
作曲:MIYAVI

MIYAVIは主題歌について「万次の生き方を、僕はどう音で表せるか。時に激しく、時に切なく。根幹にある万次の強さと凛とした部分を、この楽曲で表現できれば良いなと思いました」とコメント。そして主演の木村に対して「やはり『無限の住人』は、彼の人生の新たなる岐路というか、出発点なんだろうなと思います。そういう意味で僕も音楽家としてこの作品に関わることができて光栄に思っていますし、刀の代わりにギターで、ともに戦わせてもらったという感覚です」と語っている。

また、木村も主題歌を「楽曲を聴いて、彼にしか出せないリズムと、彼にしか浮かんでこないリフが聴こえてきたときに『お、きたきたきた!』と興奮しました。彼が生み出した歌詞に、『ああ、MIYAVIは映画をこういう風に捉えてくれたんだな』と思ったし、MIYAVIがアーティストとして『無限の住人』に真剣に向き合ってくれていることが100%感じられました」と絶賛。この曲は本日2月6日に公開された予告編で一部を聴くことができる。

Live to Die Another Day -存在証明-

ツイッターのコメント
アライフの主題歌が『Still Alive』で無限の住人の主題歌が『Live to Die Another Day ―存在証明』 どちらも『生きる』がテーマ 木村拓哉第二章の幕開けに相応しいよね タックン嬉しいだろうな😭😭😭

\死ぬほどメッタ斬り/『#無限の住人』本予告映像が本日解禁!海外でも活躍する“侍”ギタリスト・MIYAVIさんが奏でる主題歌「Live to Die Another Day – 存在証明 -」をバックに、木村さん演じる万次が大暴れ!

MIYAVI
ミヤヴィ
1981年大阪府出身のソロアーティスト / ギタリスト。ピックを使わず指でエレクトリックギターを弾く、独自のスラップ奏法で注目を集めている。2010年10月リリースのアルバム「WHAT’S MY NAME?」では、ギターとドラムのみの編成でオリジナルのサウンドを確立。2012年11月にさまざまなジャンルの“サムライアーティスト”とのコラボレーションアルバム「SAMURAI SESSIONS vol.1」を発表し話題を呼んだ。ほかにも布袋寅泰、野宮真貴、Good Charlotteらの作品への参加など精力的な活動を続け、2013年6月には自身の名を冠した海外デビューアルバム「MIYAVI」をリリース。さらに2014年にはSMAPのシングル「Top Of The World」を作曲し話題を集めた。また同年の12月には俳優として出演したアンジェリーナ・ジョリー監督によるハリウッド映画「UNBROKEN」が全米で公開された。2015年4月にDrew & Shannonをプロデューサーに据えロサンゼルス、ナッシュビルにて制作されたフルアルバム「The Others」を発表。2016年4月には前作から約1年ぶりとなる音源「Afraid To Be Cool / Raise Me Up」を両A面シングルとして配信でリリースした。8月にニューアルバム「Fire Bird」を発表。9月からは全国ツアーを開催する。

==

- スポンサーリンク -