LAGRANGE POINT BLACK SWAN

歌手:LAGRANGE POINT (豊永利行, 大河元気)
作詞:岩崎大介
作曲:MIKOTO

「さあ、一緒に」
「踊ろうか」
「ブラックスワン」
差し出された細い指先
あの日、誓約-ちか-った心は、
ひどく涸渇-かわ-いて
「あなただけが、欲しい」
乱れ合う欲望-ミラージュ-が、
ミモザの氷に光る Oh

どこを切っても
(エゴに、塗れてた)
生きる為に
(息を、吸う様に)
すべて、騙してね
「それでもいいから」と
懇願する瞳の奥に、
浮かんだ切情-もの-を―――……
「……愛してやる」
触れる度に、凍てつく
そんな醒めた愛じゃ
ふたり、羽ばたけない
狂おしいほどの
衝動-いたみ-じゃなければ、
あの山脈-やま-は越えられないよ
(Black Swan)モット、
酔ワセテ、オクレ
(コ・ノ・奥・デ)
(Black Swan)モット、
感ジテ、オクレ(コ・ノ・先・デ)
(Black Swan)モット、
羽バタイテ、オクレ―――!!!

掻き消された淡い誘惑
誰も知らないジェラシー
オレに見せてよ
忘れかけた唇-あじ-を
吸い寄せて残光-フラッシュ-が、
刹那の翼を生んだ Oh

肌に残した
(赤い徴-しるし-が)
永遠なら
(とても、楽だろう)
消えてしまうから
「遊戯-ゲーム-じゃないからね」
熱に浮かれ、揺らいだ声に
感じた官能-もの-が―――……
「………愛おしくて」
癒えぬ傷に、燃えてた
もっと黒-ヤバ-い愛で
ふたり、羽ばたくのさ
躊躇わず飛んで、
ぜんぶ忘れりゃいい
この山脈-やま-を超えていくから
「さあ、一緒に」
「踊ろうか」
「ブラックスワン」
差し出された細い指先
あの日、誓約-ちか-った心は、
ひどく涸渇-かわ-いて
「あなただけが、欲しい」
乱れ合う欲望-ミラージュ-が、
ミモザの氷に光る Oh

どこを切っても
(エゴに、塗れてた)
生きる為に
(息を、吸う様に)
すべて、騙してね
「それでもいいから」と
懇願する瞳の奥に、
浮かんだ切情-もの-を―――……
「……愛してやる」
触れる度に、凍てつく
そんな醒めた愛じゃ
ふたり、羽ばたけない
狂おしいほどの
衝動-いたみ-じゃなければ、
あの山脈-やま-は越えられないよ
(Black Swan)モット、
酔ワセテ、オクレ
(コ・ノ・奥・デ)
(Black Swan)モット、
感ジテ、オクレ(コ・ノ・先・デ)
(Black Swan)モット、
羽バタイテ、オクレ―――!!!

掻き消された淡い誘惑
誰も知らないジェラシー
オレに見せてよ
忘れかけた唇-あじ-を
吸い寄せて残光-フラッシュ-が、
刹那の翼を生んだ Oh

肌に残した
(赤い徴-しるし-が)
永遠なら
(とても、楽だろう)
消えてしまうから
「遊戯-ゲーム-じゃないからね」
熱に浮かれ、揺らいだ声に
感じた官能-もの-が―――……
「………愛おしくて」
癒えぬ傷に、燃えてた
もっと黒-ヤバ-い愛で
ふたり、羽ばたくのさ
躊躇わず飛んで、
ぜんぶ忘れりゃいい
この山脈-やま-を超えていくから
(Black Swan)モット、
酔ワセテ、オクレ
(コ・ノ・奥・デ)
(Black Swan)モット、
感ジテ、オクレ(コ・ノ・先・デ)
(Black Swan)モット、
羽バイテ、オクレ―――!!!

「オレの全てが
欲しいというのなら」
「すべてを差し出す
覚悟はあるのか?」
「生易しい愛じゃ、
もう何も感じない…」
「生と死の狭間にある、
微かなゆらめき」
「思いっきり、貫いて」
「目の裏で輝いた、
光だけを頼りに」
「オマエを探し続ける」
「オレだけのものになって
ほしいんだ…」
「もう、誰にも渡さない」
「――もう、離さない……」
「二度と、羽ばたけないぐらい、
その翼を―――……」
「折りたい………」
「それぐらい、
愛してるというのに…」
「狂ってしまうような、
この気持ちは」
「永遠に続くのか――……」
「それとも、どこかで――……」
「だから、それまでは……」
「……そばにいろ」

「限界まで」
「いってみたいんだ」
「……――――オマエと」
触れる度に、凍てつく
そんな醒めた愛じゃ ふたり、
羽ばたけない
狂おしいほどの
衝動-いたみ-じゃなければ、
あの山脈-やま-は越えられないよ
(Black Swan)モット、
酔ワセテ、オクレ
(コ・ノ・奥・デ)
(Black Swan)モット、
感ジテ、オクレ(コ・ノ・先・デ)
(Black Swan)モット、
羽バタイテ、オクレ―――!!!

LAGRANGE POINT BLACK SWAN 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -