心馳せから縁あり 刀剣乱舞

心馳せから縁あり

心馳せから縁あり

心馳せから縁あり

発売日:2016年12月21日
歌手:愛染国俊(CV:山下誠一郎) 蛍丸(CV:井口祐一) 明石国行(CV:浅利遼太)
作詞:ミズノゲンキ
作曲:稲毛謙介
編曲:稲毛謙介
歌詞:
自然に身を任せ 降り積もる
淡雪のように ゆるりと舞いましょ
何くれと世話焼き はやし立てては
憩(いこ)いの拠り所へと

さあ
星を集め 記した道
帰る場所は変わらず

傍らで お互いに
支えてゆけば
胸に秘めた憂(うれ)いの種も
乗り越えて遠くまで
見渡せるさ

急いでるときこそ 焦らずに
お手柔らかに ゆっくり行きましょ
明々と放つのは 本気の光
少しも欠けぬようにと

さあ
ひとつ合図 交わしたなら
どんな壁も切り抜け

暮れなずむ 夕空を
仰いでみれば
迎えてきた儚い夢も
受け止めていつでも
巡り会える

同じ地平を来れば 辿れば
ばらけてる歩幅 揃えて肩を寄せて
何処まででも

騒いだり 正したり
信じていれば
通り抜ける言葉でさえも心にそっと
傍らで お互いに
支えてゆけば
胸に秘めた憂(うれ)いの種も
乗り越えて遠くまで
見渡せるさ

にっかり妖かし数え唄

ツイッターのコメント
さらに、第十話エンディング・テーマ「心馳せから縁あり」の試聴動画を公開しました。「淡雪のように ゆるりと舞いましょ」という歌詞のまま、愛染国俊・蛍丸・明石国行が、ほっこり柔らかく歌う一曲です。

【作品紹介】
<INTRODUCTION>
時は西暦2205年。歴史改変を目論む“歴史修正主義者”による、過去への攻撃がはじまった。
歴史を守る使命を与えられた“審神者”によって励起された最強の付喪神“刀剣男士”。
これは、そんな彼らが“とある本丸”を舞台に、ひたむきに、そしてほがらかに生きる
“花丸”な日々の物語-

<キャスト>
大和守安定:市来光弘、加州清光:増田俊樹、へし切長谷部:新垣樽助、今剣:山下大輝 前田藤四郎:入江玲於奈、にっかり青江:間島淳司、蜂須賀虎徹:興津和幸、陸奥守吉行:濱健人、鯰尾藤四郎:斉藤壮馬、歌仙兼定:石川界人、宗三左文字:泰勇気、薬研藤四郎:山下誠一郎、燭台切光忠:佐藤拓也、五虎退:粕谷雄太、山姥切国広:前野智昭、獅子王:逢坂良太、石切丸:高橋英則 ほか

==

- スポンサーリンク -