fragments ここから、かなたから

「ここから、かなたから」JP歌詞

fragments 新曲「チュムチュム」歌詞
発売日:2015年5月27日
歌手:fragments
作詞:くまのきよみ
作曲:伊藤翼
歌詞:
だって 顔を上げたら
みんなが微笑んでいて
恥ずかしくて 嬉しくて 横向く星空

あれから毎日が(まいにちが)ダメって思ってた
いま少し ほんの少し 自分に聞いてみたんだ
「飛べるかなぁ?」

“そら”で逢おう
わたしたちはいつでも ゆける
風が星を蒔いて ひかりが躍る彼方
“つかまえなきゃ”
その手をのばした瞬間に ひろがる風景は
キラリ いつかのafter School

だって 生まれた理由(わけ)を
誰もが知らないままで
存在を確かめる 魔法を探すの

ぜいたくな自由を(じーゆうを)
持てあます日々だけど
見つけたい たったひとつ 自分だけにできること
「だいじょうぶっ!」

“そら”で逢おう
足りないのなら すぐにゆこう
星のシール貼って スピードアップ決めて
“だきしめたい”
間に合わないなんてないよ キミとの約束は
ずっと 消えないafter school

放課後の特別に ずっと守られてたいけど
曖昧の針が刻(トキ)を告げる

さあ帰ろう 巡り逢うために
また、いつか…

“そら”で逢おう
わたしたちはどこでも ゆける
風が星を蒔いて ひかりが躍る彼方
“つかまえなきゃ”
その手をのばした瞬間に ひろがる風景は
キラリ いつかのafter School

fragments 新曲「チュムチュム」
『ここから、かなたから』は、テレビアニメ「放課後のプレアデス」のエンディングテーマを収録したシングル。2015年5月27日発売。アニメの主役キャストによるユニット・fragments[高森奈津美(役:すばる)、大橋歩夕(役:あおい)、立野香菜子(役:いつき)、牧野由依(役:ひかる)、藤田咲(役:ななこ)]が歌唱を担当。作詞は同アニメのオープニングテーマとなっている「Stella-rium」の作詞も手掛けた“くまのきよみ”が、作曲・編曲はアニメ「アカメが斬る!」のOPテーマ「Skyreach」やアニメ「ストライク・ザ・ブラッド」のEDテーマ「Strike my soul」などの作曲を手がけた伊藤翼が担当している。

「放課後のプレアデス」 ストーリー:
星が大好きな中学生、すばるはある日の放課後、宇宙からやって来たプレアデス星人と遭遇した。地球の惑星軌道上で遭難した宇宙移民船を直すため、プレアデス星人は地球人の中からエンジンのカケラをあつめる協力者を召還したという。ところが集まったのは1人のはずが何故か5人!「魔法使い」に任命された5人の少女たちはそれぞれ何かが足りていなくて、力を合わせようにもいつもちぐはぐで失敗ばかり。おまけに謎の少年まで現れて、こんなことでエンジンのカケラを回収して宇宙船を直すことはできるのか??かわいそうな宇宙人を助けようと、未熟さゆえの無限の可能性の力を武器に、友情を培いつつ、カケラあつめに飛びまわるすばるたち5人。宇宙と時を翔る、希望の物語。

fragments 新曲「チュムチュム」の感想/コメント:
ここから、かなたからを聞くと、毎日のように朝から晩まで働いて帰ってきて発砲酒を飲んで眠るだけの今の生活を捨てていつかのアフタースクールに帰りたくなって泣きじゃくりながら布団に突っ伏してしまう

ようやく取り込んだここから、かなたからのCD聴いててStella-rium(fragmentscover.)めっちゃ良くないすかってなった。これが最終回のEDで流れたら泣いてしまうかもしれん。

先に出たのが、鹿乃(オープニング担当)の唄う「ここから、かなたから」(エンディング主題歌)。このひとの華奢な声質からいって、エレクトロに編曲してくるんじゃないかなと思ったら、まさにそのとおりだった。もしこっちがエンディングで流れても、違和感がない感じ。

で、今回、「ここから、かなたから」(『プレアデス』エンディング主題歌)のシングルのカップリングだった、ななこ(藤田咲)ソロ曲「reminiscence」が挿入歌として使われた。歌詞も今回の内容にきっちり合わせてある曲だから、番組内でもうちょっとちゃんと聴きたかった。

ここから、かなたから聴いてるが、鹿乃さんverも勿論良いけどフラグメンツver良いな。 カップリングに入ってるステラリウムのフラグメンツカバーも、原曲の疾走感とは違って、ちょっと合唱曲っぽくなっててあの5人らしい感じ。 あと1曲に関してはノーコメントで。いや普通にいい曲だけど

fragments ここから、かなたから 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -