いきものがかり キラリ

JP歌詞「キラリ」 フル

映画「アオハライド」主題歌「キラリ」 Youtube PV MV 動画視聴音源
発売日:2014年12月24日
歌手:いきものがかり
作詞:水野良樹
作曲:水野良樹
歌詞:
泣きたいなんて言わないよ
素直になれないふたりの
もどかしいこの距離を越えたい
抑えられない気持ちを
背中にそっとつぶやいたんだ
君のこころへ キラリ つのる想い

時が止まったような そんな不思議な瞬間だった 突然君が手をつかんだ
信号が変わって 離れていってしまうのが嫌で
もう少しだけって心で言った

どこか切ない君の横顔
優しく照らす光りにほら
わたしはなれるかな

泣きたいなんて言わないよ
いつでも君のとなりで
いちばんにその笑顔見せてよ
忘れられない時間を
ふたりでちゃんとつくりたいんだ
君のこころへ キラリ つのる想い

晴れた坂道を ふたり自転車で駆け下りていく 風が頬を優しくなでる
大事にしたいのは 何も特別なことじゃない
こんなふうに 笑いあうこと

いつか今日を思い出せるかな
あこがれる未来でもね
ならんで歩きたい

白い雲の向こうを
ふたりでずっとみていたよ
少しずつ気持ちを重ねた
終わりかけの季節が
なぜかね急にさびしくなるの
いまもう一度君に「好き」と言うよ

ずっと君のそばにいるから
伝えたくて想いがいま
こころにあふれてる

泣かない恋をしたいよ
ひとりじゃないと伝えるよ
わたしだって強くなれたんだ
青い空にはじめよう
新しい夢をふたりでみるの
君のこころへ キラリ つのる想い
いつまでも キラリ つのる想い

「キラリ」:
いきものがかりが12月13日に公開される映画「アオハライド」の主題歌を担当することが明らかになった。
本田翼と東出昌大の2人がダブル主演を務める「アオハライド」は咲坂伊緒の同名コミックスを原作とした実写映画。主題歌となるのは爽やかでみずみずしいメロディのミディアムナンバー「キラリ」で、作詞作曲を手がけた水野良樹(G)は「原作を読ませて頂き、主人公達が懸命に『青春』を駆け上がろうとする姿を前にしたら、いつのまにか自分でも驚くほど素直でまっすぐなメロディが、こぼれてきました。彼女たちの爽やかな背中を、そして同じようにいま青春の輝きの中にいる誰かの背中を、そっと押すような歌になれば嬉しいです」とコメントしている。なお同曲の編曲は本間昭光が担当した。
「アオハライド」でメガホンをとったのは映像ディレクターであり映画監督の三木孝浩。いきものがかりの「風が吹いている」や「YELL」など数々のビデオクリップも手がけている三木は「敬愛するアーティストであり大切な親友でもあるいきものがかりに、今回念願叶って主題歌をお願いすることが出来ました!想い溢れ青春(アオハル)を風のように駆け抜けてゆく双葉たちにぴったりな、甘酸っぱさももどかしさも愛しさも全部詰まった本当に素敵な曲です!ありがとう!!!」と「キラリ」を絶賛している。

映画「アオハライド」:
中1の頃、お互いに淡い想いを抱きつつ、離ればなれになってしまった双葉(本田翼)と洸(東出昌大)。
高2の春に再会するも、どこか人が変わってしまったような洸に双葉は戸惑う。
だが、そっけない言動に隠された洸の優しさは昔のままだった。そんな洸に惹かれてしまう双葉。
ふたりと仲良くなるクラスメイトの修子(新川優愛)と小湊(吉沢亮)と悠里(藤本泉)。
双葉に好意を寄せる冬馬(千葉雄大)。双葉と洸の間に立ちはだかる唯(高畑充希)の存在。
徐々に明らかになっていく空白の4年間に隠された洸の秘密。
青春のやるせなさにもがきながらも、双葉と洸の恋が再び大きく動き出していく―。

いきものがかり:
吉岡聖恵(Vo)、水野良樹(G)、山下穂尊(G, Harmonica)の3人組ユニット。1999年結成。当初は地元・神奈川での路上ライブを中心に活動し、2003年にインディーズで初CDをリリース。20 06年に発売したメジャー1stシングル「SAKURA」がスマッシュヒットを記録し全国区の人気を獲得する。2007年3月には1stフルアルバム「桜咲く街物語」を発表。切なくて温かい等身大のポップチューンが老若男女問わず幅広い層から強い支持を集めている。2010年には初のベストアルバム「いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~」をリリースし、ミリオンセラーを記録した。2012年にはNHKロンドンオリンピック放送のテーマソング「風が吹いている」でグループ史上最長となる7分40秒の大作に挑戦。2013年7月に26thシングル「笑顔」と6thアルバム「I」を発表。9月から12月にかけて全国アリーナツアー「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2013 ~I~」を開催した。

いきものがかり キラリ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -