KENN – 夜明けの月

夜明けの月
KENN
発売日:2012-11-28
作詞:高井ウララ
作曲:SHIKI
歌詞:

白い息 立ち止まり 夜明けの足音を聞いている
凍えた指を 重ねれば たとえばそこからがはじまり

消える街の灯を 数えながら ゆっくり歩こう

降り出した雪が 舞い落ちてく 華やかに君を飾る
その手を握って 伝えればいい 言葉にはできない想いを
時を超えた 冬の星座が
夜空に永遠の 月を描く

何かに迷い 傷ついて 昨日に帰る日があっても
戸惑いながら 守るもの たとえばそれは繋いだ指

どんな触れ方で愛したなら 君を知れるだろう

降り積もる雪が 包むように 2人の距離を縮める
このままでいたい 今を壊さないように 君を抱き寄せた
時を超えて 近づく空が
もうすぐ新しい 朝を告げる

手の平に落ちる 白い雪が 不安さえも消してゆく
「愛しているよ」と ただその一言だけを 君に伝えたい
時を超えた 冬の夜空に
もうすぐ永遠の 月が浮かぶ

KENN – 夜明けの月 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -