KEN THE 390 Nobody Knows feat. Lick-G

発売日:2016年2月10日
歌手:KEN THE 390
作詞:KEN THE 390・Lick-G
作曲:KEN THE 390・NAO the LAIZA

今日も一人どこいこう? ギリギリのとこに行こう
夜の街の帳を歩く俺を Nobody knows
誰かとかぶるよりも 周りがどう言おうが
ばり遊んでる奴 尻目 紙とペンに吐き出そう
いつも楽しそうなアイツははきっと何も悩み無い
なんて奴はわかってない想像力が足りてない
忙しい 忙しい 言う奴ほどヒマしてるし
マジでヤバい奴は裏で腕を磨いてる
結果ですべてわかるし 御託なんて小賢しい
金は寂しがりや常に多いとこに群れるし
まぐれなんてそうはない って考えてて損は無い
売れてる奴をディスりゃいいって程に単純じゃない
人のことは気にしないっていう奴ほど気にしているし
あーだこーだ言う奴ほど逆に実はビビってる
何言おうが 良けりゃ残りダサきゃ消える それだけ
また一人ぱっと散ったことも誰もNobody knows

パッパッパッ また咲いたら消える
ならば止めず I gotta go また次の花咲かそう
パッパッパッ 落ちる種一つ
いつか芽生える なんてことも今は Nobodyknows

パッパッパッ パッパッパッ
パッパッパッ とまた だれか消える でも
パッパッパッ パッパッパッ
パッパッパッ と咲く花が一つ

誰も知らない とこで生まれまた消える
まだ見える 場所で光当たらない
叶わない Dream なのか?
夜が終わり 窓が明るくなる
角が取れて丸くなる だけじゃ終われねー
これは道で咲いたアート そんな額に入れんじゃねー
あれとこれとそれと俺を同じ枠に入れんじゃねー
って叫ぶ声も届かない 届いてても物笑いで
終わるだけで俺の気持ちなんて Nobody knows
だけど腐るな 塞ぐな 進む道を自ら
すり減らした靴のソールの分だけ熱くなったSOUL
ポーズ決めるモデルよりも曲に言葉込める
どける邪念 ごめんじゃねー 謝らずに結果出す
ちょっとばかし目立ち周りに褒められるのなら普通
会ったことも無い奴からディスられたら一流
常に一途 ペンを握る これがベストだと言い切る
曲げず折れず続けるまだ今はNobody Knows

パッパッパッ また咲いたら消える
ならば止めず I gotta go また次の花咲かそう
パッパッパッ 隣の芝生の青さなんて幻想
お前だけの水 それを与えろ

パッパッパッ パッパッパッ
パッパッパッ とまた だれか消える でも
パッパッパッ パッパッパッ
パッパッパッ と咲く花が一つ

これで稼げるか飯代?
いやどこまでやれるか試したい
誰かのあやつり人形じゃねえしな
俺のやる事は俺のためにやる
ハングリー精神 忘れたくねえし
現実に誠実でありたいし
逆境を跳ね返し 音で巻き返し
影で光るイシコロ 今に見ろよ
今日も理想を追う 長距離走のよう
論より証拠 だろ?本当にそう思う
口だけでどうこう 言う前に変える状況
こっから先の 道は険しいぞ hey
雨に打たれても 何を言われても
泥を塗られても 芽を摘まれても
踏まれても 勝利の女神に振られても
つかめ栄光 明日へと繋げていこう

パッパッパッ また咲いたら消える
ならば止めず I gotta go また次の花咲かそう
パッパッパッ 隣の芝生の青さなんて幻想
お前だけの水 それを与えろ

パッパッパッ パッパッパッ
パッパッパッ とまた だれか消える でも
パッパッパッ パッパッパッ
パッパッパッ と咲く花が一つ

KEN THE 390 Nobody Knows feat. Lick-G 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -