イキツクシ DADARAY 歌詞 PV

イキツクシ

イキツクシ

イキツクシ

DADARAY「DADAISM」収録曲
発売日:2017年4月5日
作詞:川谷絵音
作曲:川谷絵音
歌詞:
取られても 取られても
行き尽くした気がするのよ
あたしは大丈夫だから
もう終わりにしない?

何をしてても 素人だった
感情の幅だけは プロだった
交差点の中心で 寝そべる
夢ばかり 見ちゃった

好きな人としか 悲しめないよ
黒い誰かに言われて 目覚めるいつも
好きな人として 残りたかった
でも、後悔ないもの

取られても 取られても
行き尽くした気がするのよ
あたしは大丈夫だから
もう終わりにしない?
流石だわ 流石だわって声が聞こえたけれど
そんな大層な人生じゃなかったわ 笑って

チョコレートの甘ったるい思いを
受け止めて わたしなりに飲み込んだ
ああ 不味かった 食べなきゃ良かった
こんなことばかり
でも嫌いじゃない

光を見せて 虚無を見せて
溢れるものを 引っ掻けば
私も変われるのかな
プライドが 邪魔をするの
ねえ もっと見せて?

取られても 取られても
行き尽くした気がするのよ
あたしは大丈夫だから
もう終わりにしない?
流石だわ 流石だわって声が聞こえたけれど
そんな大層な人生じゃなかったわ

傷つけていたのは 強がりじゃないんだからね
答えは全部いらないの
黙って 私を痛くして
お願い お願い

取られても 取られても
行き尽くした気がするのよ
あたしは大丈夫だから
もう終わりにしない?

流石だわ 流石だわって声が聞こえたけれど
そんな大層な人生じゃなかったって
歌って 歌って 歌って
歌って 歌って いたんだ

イキツクシ

ツイッターの反応
もう課長が新しくバンド始めて、ゲスダメかと思ってたら作詞作曲川谷絵音。
良かった。彼らしい曲だな。
ちょっと風詠む季節(メロディ、歌詞)っぽいしコードはゲスらしい。なんか、ちょっとaikoみたいだ。新世界。頑張れ!

川谷絵音はもう裏方で良いんちゃう
出てきたら出てきたで叩かれるしな
あの二十歳の今カノに画像とか動画とかツイッターにあげさせたあたり未だに認識の甘さ出てるわ。音楽や待ってるファンよりも女やプライドか、才能あんのに勿体ねー

この歌がいいと思ってて、でも作詞作曲が絵音さんってこと知った途端に、目の色変えてこの曲聴かなくなったりする人がいるとしたら、音としてこの曲の評価しているのではなく、ただ、作曲者の良し悪しで歌の良さを決めてるってことになると思う。

鶯餅12 小时前
世界観がほかの人が
描く曲と違うなって
思ったらえのぴょんだった!
なんか安心した…
これからもえのぴょんの
曲を聴ける機会が増えれば
いいなっておもう。
ゆっくりでいいから戻ってきて
新しい曲を聞かせて欲しい!
休止中のメンバーも
MVの中に出てきててほっとした!
これからも頑張ってください!
今まで通りゲス乙女。、indigoファンとして、新しくDADARAYファンとして
応援します!

川谷絵音の作詞作曲は良いと思うし、すごくかっこいいと思うけど、川谷絵音自身は最低だと思う。
これを擁護する人や反対する人も居るけどやっぱり人として最低だと自分は思います。
今回の歌に関しては凄くいいと思うし、素敵な歌でした。

ギルガメッシュバッハ ゲス極とか川谷絵音しか知らないんでサムネみても気づかなかったんだよなぁ〜…。
それと、曲のコメント欄だから曲に関するコメントを….ってまぁまぁな正論だと思うけど、それいったらこの動画だけじゃなくなるんじゃない??他の動画のコメント欄も全く関係ない、例えば『今日誕生日なんです!』てゆうコメントとか結構あるしそれらを全部なくすってのはね〜??無理だと思うよ

もう課長が新しくバンド始めて、ゲスダメかと思ってたら作詞作曲川谷絵音。
良かった。彼らしい曲だな。
ちょっと風詠む季節(メロディ、歌詞)っぽいしコードはゲスらしい。なんか、ちょっとaikoみたいだ。新世界。頑張れ!

ゲスの極み乙女の川谷さんは流石に悪かったね。未成年と飲酒はいけないし、そもそも不倫なんていけない。
自分の生半可な行動でたくさんの人々に迷惑をかけてしまうことを理解してくれたかな、あの人は。

誰が作曲したとかそういうんじゃなく、ひとつの曲として素晴らしい。
そうでしょ?? それならそれでいいじゃないか。。
私たちに言えることってそれだけだと思うよ。

なるほど、ツイキャスって無断で音楽かけるの微妙なんやな… めっちゃめんどくさかったけれど、探しても出てこなかったイキツクシと24時、繰り返す以外は楽曲利用報告してきたわ…! 次からは曲語り(っていう体裁w)にしよ…(笑)

いくら絵音が作詞作曲でも知らん美人ボーカルと元コーラスのえつこと課長のバンドが見たいんじゃなくて、
少しくらい時間かかっても良いからまたキチンとした形でゲスの極み乙女。とIndigo la Endが見たいんです。

イキツクシ

イキツクシ

DADARAYは、ゲスの極み乙女。メンバーである休日課長、ボーカリストのREIS(読み:レイス)、katyusha名義でも活動し、ゲスの極み乙女。indigo la Endでレコーディングやライブのサポートも務めているボーカリストのえつこからなる3人組。

バンド名のDADARAYは、’’既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とするDADAISMのDADA’’と’’光を意味するRAY’’を組み合わせた造語で、’’既成の秩序や常識を破壊する光’’という意味合いが込められている。

またミュージックビデオの衣装は、森川マサノリがデザイナーを務めるCHRISTIAN DADAが担当。
CHRISTIAN DADAの「アドレッセンス性を持ったプロダクトアウト」。(単に服を「着る」というだけの概念にとらわれず、各個人のアイデンティティを1つのツールとして表現。)にDADARAYが共鳴し今回のコラボレーションが実現した。

次の動きが気になるDADARAYであるが、2/23(木)には下北沢ERAにてDADARAY主催のイベントを開催することが決定している。
こちら、DADARAY初のLIVEとなる為、見逃せない一夜になりそうだ。

加藤マニ監督 コメント
“虚無の光”と訳せそうなバンド名と協奏するように
本作でも歌われる「光を見せて虚無を見せて」という
ワードがこのビデオのテーマです。
現実と離れてしまった過去の甘美な思い出は
正しく「虚無の光」でもあり、
そこに光を感じることもまた虚無と言えるでしょう。
しかしながらバンド名に冠された”DADA”は、
虚しさを根底にした、常識への否定や破壊という意味も含まれる以上、自らの、そして皆さんの虚無を焼き尽くす光線と考えることもできます。
この曲とビデオがその新しい狼煙になることを願っています。

==

- スポンサーリンク -