クリープハイプ 本当

JP歌詞 「本当」

「本当」クリープハイプ Youtube PV MV 動画視聴曲音源
発売日:2014年12月3日
歌手:クリープハイプ
作詞:尾崎世界観
作曲:尾崎世界観
歌詞:
帰り道急いで真っ直ぐ歩く

一言で言えば「一言で言えない」
捻くれた気持ちで真っ直ぐ歩く

あと少しで着くからね
ただいま まってた たわいもない
いつものしりとり
ずっと探してた物はずっと前に見つけたんだな
じゃあねまた明日おやすみで終わるやりとり
明日も当たり前が続いていきますように
願ってます

正直に言えば「正直に言えない」
捻くれた気持ちでずっと待ってる
これからもずっと

このまま まさかね 眠れない いつものしりとり
ずっと手にしてた物はずっと前に無くしたのかな
じゃあね また明日 おやすみで終わる やりとり
明日は当たり前が帰って来てくれますように

邪魔になって捨てた後で必要になる傘みたい
悪いのは全部自分で 本当に馬鹿みたい

ただいま まってた たわいもない
いつものしりとり
ずっと探してた物はずっと前に見つけたんだな
じゃあねまた明日おやすみで終わるやりとり
明日も当たり前が続いていきますように
願ってます

12月3日発売のクリープハイプ3枚目のアルバム「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」収録楽曲である「本当」のミュージック・ビデオが完成した。
今作はボーカルである尾崎世界観初監督作品であり、シングル「百八円の恋」が主題歌になっている映画『百円の恋』(12月20日より、テアトル新宿ほか全国ロードショー)に主演している安藤サクラが出演している。
今回スペースシャワーの“尾崎世界観の夢を実現する”という企画の一環からかねてより安藤サクラとの共演を熱望していた尾崎世界観からオファーを申し出、企画が実現。MVの内容は安藤サクラと尾崎世界観が2人で路上を歩くという設定で都内某所にて1カット撮影で行われた。
クリープハイプ「本当」ミュージック・ビデオ
”安藤さんとの初対面を作品にしたい”という尾崎監督立っての希望で、カメラが回り出すまでお互い別の場所で待機、カメラが回ってから初めて挨拶・会話を行うというまさに全てが”初”共演の作品となっている。安藤サクラには撮影のシチュエーションを伝えたのみで演技・会話全て彼女のアドリブになっており、撮影中に塀に上ったり、急に姿を消したりと女優・安藤サクラの演技を目の当たりにした尾崎監督は一発でOK。「こんな素晴らしい女優さんと共演できて光栄です」と尾崎監督も大満足の作品になっている。
アルバム発売記念としてオープンしているスペシャルサイトでは、収録楽曲解説やMV、“あなたの主題歌は何曲目だろうか?”キャンペーンも展開中。また12月3日より新企画“真相”も立ち上がった。封入チラシとアルバム特設サイトリンクした謎の企画となっている。

クリープハイプ:
尾崎世界観(Vo, G)、長谷川カオナシ(B)、小川幸慈(G)、小泉拓(Dr)からなる4人組。2001年に結成。2009年に現メンバーで活動を開始。インディーズで2010年にアルバム、2011年にミニアルバムを発表する。2012年4月にアルバム「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」をメジャーレーベルからリリースし、同年10月に発表した1stシングル「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」がオリコンCDシングル週間ランキングで初週7位にランクイン。2013年5月にリリースした3rdシングル「憂、燦々(ゆう、さんさん)」は資生堂「アネッサ」のCMソングに起用される。7月には2ndアルバム「吹き零れる程のI、哀、愛」をリリース。

クリープハイプ 本当 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -