春の歌 藤原さくら 歌詞 PV – 3月のライオン後編主題歌

春の歌 藤原さくら

作詞:藤原さくら
作曲:藤原さくら

藤原さくらさん
「春の歌」という のどかなタイトルのこの曲を
まるで吠えるように歌うスピッツの草野さんの声を聴いたとき
「3月のライオン」の最初の世界が生まれました

そしていま、藤原さくらさんが歌う
「春の歌」を聴いたとき
春の陽射しで青空を映した大きな隅田川の風景が浮かびました

戦っていたのは零たちだけではなく
女の子たちもみんな戦っていたのだと

そしてここからもまた明るく力強く歩いて行くのだと
そんな風に感じました

零くんや、この映画を観たみんなのことを
力強い春の中に着地させてくれる
そんな歌声をありがとう

春の歌

春の歌

春の歌 藤原さくら

のツイッターの反応
藤原さくらさんが、スピッツの“春の歌”をカバーする。 自分はこの曲に救われ、長いトンネルをくぐり抜けることができた。
新しく生まれ変わったこの曲が、多くの人の支えとなり、愛も希望も作り出していってほしい。

3月のライオン映画版の曲聞いたけど、藤原さくらの春の歌が想像以上に微妙だった。この程度のカバーしかできないならスピッツの原曲でいいんだけどなあ。ぼくりり君の曲は期待してなかったけどなかなかよさげ

3月のライオンの主題歌、ぼくりりとスピッツカバーかあ〜〜藤原さくら好き… 正直意外なところが来たけど全部私にとっては大好きなやつだからありがとうしか言えない。全編がぼくりりなのも、後半が藤原さくらのスピッツカバーで春の歌でコーラス入りなのも、なんかもう全部ありがとうだな〜〜

3月のライオンの映画主題歌のコレジャナイ感がヤヴァイ。大人介入色が色濃いかや?アニメに引き続きバンプに担当させたら良かったやん。藤原さくら嫌いじゃないけどオリジナル曲で無くて、春の歌を採用したかったならスピッツ本人で良かったやん。ひゃー💫

うーん、、、藤原さくらの春の歌聴いてみたけどスピッツファンとしてはモヤッとな感じ。なんでわざわざカバーさすん?カバーさすなら本家越えしてもらわんとさ( ´・・)

確かスピッツの「春の歌」だったよ うーん、藤原さくらは声はいいんだけど、あんまオリジナル曲歌ってないイメージ…←ファンの方いたらごめんなさい そうだよね(^_^;) まあ映画は見に行きたいかな?

くらちゃんの春の歌めっちゃ好きだ!!スピッツとはまた違ってすごくいい!😭予告みたらうるっときた!ファンクラブ絶対入る!!初めてさくらちゃんの歌聴いてからもう2年以上たつんだな…まさかこんなにビッグになるとは…!もう大好き!!

さくらちゃんの春の歌めっちゃ好きだ!!スピッツとはまた違ってすごくいい😭予告だけでなんかうるっときた!ファンクラブも絶対入りたい!初めてさくらちゃんの歌を聴いてからもう2年以上たつのか…まさかこんなビッグになるとは…!もう大好き!# 3月のライオン # 藤原さくら

春の歌はスピッツの草野さんの声とバンドが出す音があるからこそ名曲なんだと、藤原さくらのカバーを聞いて思った。 あの切なげなのに前のめりな感じはスピッツにしか出せないし、その感じがなくなったは春の歌はカバーどころか完全に別の曲。 アレンジもリズムの打ち方まで変わってるし残念。

カバー曲は、カバーする人の感性でアレンジがなされるからこそ良いもんだと思う。 原曲が好きなら原曲聴いてればいいし。 カバーする人の個性が出て原曲と違う雰囲気で、”ああ、この人が歌うとこうなるんだ”っていうのがカバーの良さだと思ってる。 藤原さくらの春の歌もとっても素敵だなあ。

『3月のライオン 後編』主題歌 スピッツの『春の歌』がいいなって思うのは普通のことだよね… 映画自体はROBOTだから間違いない 決まったことだ仕方ない 藤原さくらさんも頑張ってね ん、主題歌は脳内変換しよう ♪僕にもできる 脳内変換できる〜

春の歌はスピッツの草野さんの声とバンドが出す音があるからこそ名曲なんだと、藤原さくらのカバーを聞いて思った。 あの切なげなのに前のめりな感じはスピッツにしか出せないし、その感じがなくなったは春の歌はカバーどころか完全に別の曲。 アレンジもリズムの打ち方まで変わってるし残念。

3月のライオンにスピッツの春の歌をぼくりりと藤原さくらさんがカバーしてくれるってのはスピッツをリスペクトして下さってるんだと思うと原曲を使うよりも嬉しいな(ง ˙ω˙)ว

3月のライオンの主題歌が藤原さくらの春の歌のカバーに決まったのか! 確かにカバーよりスピッツの春の歌が良かったなあ… でもこれが影響で春の歌が聞かれるようになって、同年代の若い子たちがスピッツに注目してくれたら嬉しい!

映画『3月のライオン』の主題歌、バンプだと思っていたのでなんだか不思議な感じ。藤原さくら「春の歌」カバー……をどう受け止めていいかよくわからん。とりあえず朝の電車で予告編見て、ひなちゃんの学校のシーンで泣きそうになったのだが……。……電車乗り過ごしてしまった。( ゚ー゚)

藤原さくらちゃんはかわいいなぁと思うし、声もすき。 でも春の歌はスピッツのがよかったなぁとか思ってしまう。 映画のスタッフの方々の想いとか、いろいろとあるのだろうけれど。 とか、いろいろ考えつつも、3月のライオンは観に行きます。たのしみ。

どうしてもヒナ役が心配になるな…。 あとなぜ、わざわざ藤原さくらにカバーさせて主題歌にするのかよくわからんな 春の歌使いたいならオリジナルでいけばいいし、藤原さくら使いたいなら自分の曲歌わせればいいのに

映画「3月のライオン」2部作。後編の主題歌は、藤原さくらさんがカバーする「春の歌」。もちろんこの曲は、スピッツですよね。映画の予告編で少しききましたが、また違っていい曲だなと正直に思いました。

どうしてもヒナ役が心配になるな…。 あとなぜ、わざわざ藤原さくらにカバーさせて主題歌にするのかよくわからんな 春の歌使いたいならオリジナルでいけばいいし、藤原さくら使いたいなら自分の曲歌わせればいいのに

後編の主題歌は藤原さくらによるスピッツ「春の歌」のカバーに決定した。この曲は原作者の羽海野が連載構想時に聴いていたとのことで、藤原は今回のカバーに関して「本作の原点にもなったというスピッツさんの『春の歌』に作品から受け取った愛を込…

春の歌 藤原さくら

春の歌 藤原さくら


藤原さくら
フジワラサクラ
福岡県出身の女性シンガーソングライター。幼少期からさまざまな音楽に親しみ、父親の影響で10歳からギターを弾き始める。高校進学後にオリジナル曲を作り始め、地元でライブ活動も行う。高校在学中の2013年に3枚の自主制作盤「bloom1」「bloom2」「bloom3」を発表し、2014年3月に初のフルアルバム「full bloom」をリリース。高校卒業を機に上京すると音楽活動を本格化させ、2015年3月にミニアルバム「a la carte」でSPEEDSTAR RECORDSからメジャーデビューを果たす。2016年2月にメジャー1stフルアルバム「good morning」を発表した。 4月からフジテレビ系ドラマ「ラヴソング」に主演の福山雅治の相手役として出演。同作の主題歌「Soup」や劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」を歌い注目を集めた。

春の歌 藤原さくら 歌詞 PV – 3月のライオン後編主題歌 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -