Halo at 四畳半 飛行船

発売日:2016年3月9日
歌手:Halo at 四畳半
作詞:渡井翔汰
作曲:渡井翔汰

飛行船は雲の上を進み続けている
誰もがそのあとを追って自らの船を出した

不安材料 積み込んで
錆び付いた船が空を行く
今にも煙を上げて墜落してしまいそうだ

蔓延った退屈を打ち砕いてしまえる様な
奇跡とも呼べるその船の訪れを待っていた

いつだって正解は
この腕の中にあったはずなのに
向かい風がすべて忘れさせるんだ

この世界の果てに何があるのかも
知らずに僕らずっと捜し続けるだろう
“hello spaceship”
そこから何が見えるんだ
正しさの在り処を今教えてくれよ

飛行船は遥か上空 進み続けている
誰もがそいつの存在を疑い始めていた

想像の産物と語る無神論の様だ
いつしか目指すべき場所が
解らなくなっていた

航路を見失った人々は空への夢を捨てて
地上でただ追い風を待っていたんだ

幾千光年 距離を置いたその先を
照らせなくていい 照らせなくていい
いつだってそうだろう
君の行く先を 見えない飛行船を
未来と呼ぶんだろう

この世界の果てにすべてを失くしても
正しさはいつもそうだ 君の中にあった
“hello spaceship”
そこから何が見えようと
迷うこともあるだろう
それさえ愛しいんだ

この世界の果てに何があったとしても
ただ君の方へと空を駆けるんだろう
“hello spaceship”
そこから見ていてくれよ
飛ばした未来を さあ今迎えに行こう

“hello spaceship”

Halo at 四畳半 飛行船 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -