Halo at 四畳半 怪獣とまぼろしの国

発売日:2016年3月9日
歌手:Halo at 四畳半
作詞:渡井翔汰
作曲:渡井翔汰

どれだけの地図を破り捨てて
ここまで来たのだろう
新しい風の軌跡を辿っている

旅人は言う
「そんな名前の国を耳にした事はない。
じゃあ、また。
どこかで会えたなら話を聞かせてくれ」

泥だらけの靴を洗い流す二つの雨
立ち込む霧を晴らせど
足に絡んだ蔦を解けない

その国には大きな口を開けて
悲しみを食べる怪獣がいて
誰もがそれを幸せと気付かぬまま
眠りに就くのでした

旅人は言う
「もしもそんな怪獣が本当に居るのだとして
じゃあ、私達も同じ様に
そいつを食べてるのさ」

擦り剥いた手の傷が
いつの間にか治ってたこと
窓辺に揺れる花も枯れていくこと

その国には大きな口を開けて
悲しみを食べる怪獣がいて
そこには何も残らずに
気付けばまた ひとつ歳を重ねた

人は生まれながらに手渡された時間を
悲しみを癒やす ただ生きる為 落としていく

どれだけの地図を破り捨てて
ここまで来たのだろう
旅の終わりに君のこと
ちゃんと思い出せるかな

その国には大きな口を開けて
悲しみを食べる怪獣がいて
どこかでそれを望んでいた
気付かぬまま

誰もが迷いながら
嵐の中を進むんだ
記憶さえも時が奪い去ってく
それでもさ きっと大切な思いだけは
君自身で守るんだ

lalala

Halo at 四畳半 怪獣とまぼろしの国 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -