ハイテンション AKB48

AKB48 ハイテンション

haitenshon

AKB48 ハイテンション

島崎遥香センター 46thシングル
発売日:2016年11月16日
歌手:AKB48
作詞:秋元康
作曲:シライシ紗トリ
編曲:佐々木裕
歌詞:
OH! YEAH!
OH! YEAH!
カッコつけないで 声を出せ!
リズムに乗らなきゃ 始まらない
この際 体裁 かなぐり捨てて
騒いで 盛り上がって 祭りが終わるまで
WOW・・・たった一度の人生
踊れ!
テンション ション ション ション ション
テンション マックス!
ヒートアップ アップ アップ アップ アップ
ヒートアップして行こう!
間違い英語 関係ねえ
不安・緊張もアゲアゲで
テンション ション ション ション ション
テンション マックス!
グッドジョブ ジョブ ジョブ ジョブ ジョブ
グッドジョブで大丈夫
身体が揺れて来るだろう
ミサイルが飛んで 世界が終わっても
最後の一瞬もハッピーエンド
先がわからない時代だって
しかめっ面して語ってるけど
未来が見えたら預言者
願いでもの言う偽善者
Don’t cry! 夜なんて嫌い
理屈 ただ苦痛 悩み暗闇
だから 何か燃やそう
パッと夢でも愛でも炎にしてさ
何もいらない全部断捨離
踊れ!
踊れ!
踊れ!
踊れ!
テンション ション ション ション ション
テンション マックス!
ヒートアップ アップ アップ アップ アップ
ヒートアップして行こう!
間違い英語 関係ねえ
不安・緊張もアゲアゲで
テンション ション ション ション ション
テンション マックス!
グッドジョブ ジョブ ジョブ ジョブ ジョブ
グッドジョブで大丈夫
身体が揺れて来るだろう
ミサイルが飛んで 世界が終わっても
最後の一瞬もハッピーエンド

ハイテンション

haitenshon2

AKB48 ハイテンション

ツイッターのコメント
AKB48 46thシングル収録内容 (一部タイトル未定) ハイテンション (選抜メンバー) ウェイティングサークル曲 レナッチーズ曲 島崎遥香卒業ソング チーム8EAST曲 チーム8WEST曲 てんとうむChu!曲 ボーカルチーム曲

AKB48 46thシングル ハイテンション 序列
1.島崎 山本 指原
2.渡辺 柏木
3.松井 宮脇 向井地
4.小嶋陽 横山 加藤
5.入山 兒玉 岡田 木﨑 高橋
6.小嶋真 川本 込山 小栗 松岡 中井

さや姉前で、神

たなみん優勝おめでとう!
46th新曲ハイテンション初披露しました。
マジすか6はキャバすかです。
私おたべの源氏名はまぐろちゃんです。
瀬戸内48、STU48できます。

AKB48グループじゃんけん大会 ライブセットリスト 前半 M1右足エビデンス M2ハイテンション M3フライングゲット M4Everyday、カチューシャ M5希望的リフレイン M6ハロウィン・ナイト M7 ヘビーローテーション 後半 EN AKBフェスティバル

Nコン2017中学生の部の課題曲を秋元先生、AKB48が担当させていただきます。

そのパブリックイメージとは真逆のテンションマックスなアゲアゲソングを島崎の“指パッチン”を合図に、メンバー、そしてエキストラのみなさんが「ええじゃ
ないか」とばかりに踊りまくります!!

『ハイテンション』 All Stars
入山杏奈、岡田奈々、小栗有以、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢、木﨑ゆりあ、小嶋陽菜、小嶋真子、兒玉 遥、込山榛香、指原莉乃、島崎遥香、高橋朱里、中井りか、松井珠理奈、松岡はな、宮脇咲良、向井地美音、山本 彩、横山由依、渡辺麻友
盛りだくさんです!

髪、切ったのキャバすかのためなんだね!
まぐろちゃん可愛いっす!😁

終わったあとのSHOW ROOM見ていたよ!
咳が昨日よりひどくなってきてない??
本当、ゆっくり休んで体調が少しでも良くなりますように。。(u_u)

AKBの新曲「ハイテンション」って、曲調も歌詞も、かつてのモーニング娘。のパロディみたいだね。
あの島崎遥香さんの髪型は、違うんじゃないかな?

たなみん優勝おめでとう! 46th新曲ハイテンション初披露しました。 マジすか6はキャバすかです。 私おたべの源氏名はまぐろちゃんです。 瀬戸内48、STU48できます。 Nコン2017中学生の部の課題曲を秋元先生、

朝早く起きて夜ご飯の仕込みをしてたら30分後ぐらいに「わあ!」とハイテンションで起きてきた息子。こういう時の子供は忍者みたいに気配消して近づいてくるなあ。一人でベッドに戻りたくないと言うのでソファで二度寝。

AKB48
エイケイビーフォーティエイト
秋元康プロデュースのもと、2005年に始動した次世代型アイドルグループ。劇場に足を運べば毎日会える「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、秋葉原にある専用劇場(AKB48劇場)で、チームA、チームK、チームB、チーム4が毎日ステージを行っている。楽曲はすべて秋元康が作詞を担当。2006年2月にシングル「桜の花びらたち」をインディーズからリリースし、いきなりオリコンウィークリーチャートでトップ10入りを果たす。同年10月にはシングル「会いたかった」でメジャーデビュー。2007年春には初の全国ツアーも開催されたほか、同年末のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

2008年にはレーベルを移籍し、同年10月にシングル「大声ダイヤモンド」をリリース。チャート初登場3位を記録し、着実に人気を高めていく。2009年4月には、アイドリング!!!とのコラボユニット「AKBアイドリング!!!」として、シングル「チューしようぜ!」も発売。オリコンウィークリーチャート初登場2位にランクインし、話題を集めた。同年7月にはシングル曲の選抜メンバーを決定する選抜総選挙を、ファン投票により実施。8月には初の日本武道館公演も実現し、10月リリースの14thシングル「RIVER」は、初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得した。

が、センターの個性とはあまり関係のない楽曲だったみたい。というか、ぱるるの髪型を何とかしてあげて!笑 これは、カップリングに収録されるはずの卒業ソングに期待かな…。 AKB48 / ハイテンション 島崎遥香センター 46thシングル

2010年には各チームのメンバー編成をシャッフル。同年2月の15thシングル「桜の栞」、4月のアルバム「神曲たち」も1位を記録し、それぞれ30万枚を超えるヒットとなった。さらに、5月発売の16thシングル「ポニーテールとシュシュ」、8月発売の17thシングル「ヘビーローテーション」はそれぞれ発売1週目に売り上げ50万枚を突破。横浜アリーナや代々木体育館での単独ライブのほか、9月には日本武道館で19thシングルに参加する選抜メンバーを決めるじゃんけん大会も行われ、大きな注目を集めた。10月リリースの18thシングル「Beginner」は発売初週に80万枚を超えるセールスを記録。2011年1月末までに売上100万枚を突破した。

2011年1月には初のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が公開。2月発売の20thシングル「桜の木になろう」、5月発売の21stシングル「Everyday、カチューシャ」はともにミリオンセールスを達成した。同年7月には西武ドームで初のスタジアム公演を行い、3日間で合計9万人の動員を記録。8月には第3回AKB48選抜総選挙での上位21名が歌う22ndシングル「フライングゲット」をリリースし、発売初日に100万枚を売り上げ話題を集めた。以後、10月に東日本大震災復興応援ソング「風は吹いている」、12月には第2回じゃんけん大会によって選出された選抜メンバーによるシングル「上からマリコ」を発表。ともにミリオンセールスを記録し、その結果2011年オリコン年間シングルチャートで1位から5位をAKB48が独占する結果となった。

ハイテンション AKB48 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -