サカナクション 蓮の花

JP歌詞 「蓮の花」 フル

映画「近キョリ恋愛」主題歌「蓮の花」 Youtube PV MV 動画視聴曲音源
発売日:2014年10月29日
歌手:サカナクション
作詞:Ichiro Yamaguchi
作曲:Ichiro Yamaguchi
歌詞:
花降る 花降る水辺
花散る 花散る風で

そう
今朝逃がした
あの小さい蜘蛛
どうしてるだろう

ah
終わらないな
疲れる夜が待ってる
せめて
静かに君を妄想したいのに

花降る 花降る水辺
花散る 花散る風で

そう
夢を見た
あの小さい蜘蛛
君みたいだった

ah
蜘蛛の糸
花揺る蓮まで垂れ下がって
苦しむ僕を引っ張り上げてよ

花降る 花降る水辺
花散る 花散る風で
あらゆる あらゆる技で
花びら 花びら咲かそう

サカナクション「蓮の花」
サカナクションが10枚目となる両A面シングル「さよならはエモーション/蓮の花」の収録内容詳細を発表した。10月29日リリースのニューシングルは楽曲4曲の収録となる。
「さよならはエモーション」は新たなサカナクションの代表曲になることが確実な強力なロックアンセム。サカナクションのロックバンドとしての底力を痛感させられる仕上がりとなっている。そして、映画「近キョリ恋愛」主題歌である「蓮の花」は、劇場・ドラマで流れるバージョンにさらに手を加え、single versionとして収録。より人間味のあるグルーヴを意識した肉感的なダブ・サイケ・ポップ。
カップリングには、全国ツアーで披露され、リリースの要望が多く寄せられていた「Ame(B)-SAKANATRIBE MIX-」を、海外のエレクトロ・ミュージック・シーンで活躍するアーティストAOKI takamasaがバンドと共に手を加え「Ame(B)-SAKANATRIBE×ATM version-」として再構築し収録。
サカナクションのシングルでは半ば恒例となったリミックスでは、なんとCorneliusの手によるサカナクション作品の初リミックス音源「ミュージック(Cornelius Remix)」を収録。予想を裏切る斬新なアプローチでありながら、楽曲の持つプリミティブな美しさを極限まで際立たせた豊饒なリミックスに仕上がっており、必聴である。
収録される4曲から、ロックバンド、ダンスロック、クラブミュージック、フォーキーな抒情性といったサカナクションの有する音楽の魅力をすべて堪能できる内容となっており、一聴するとアルバム1枚分の情報量が詰まっている豪華な作品となっている。

サカナクション
山口一郎(Vo, G)、岩寺基晴(G)、江島啓一(Dr)、岡崎英美(Key)、草刈愛美(B)からなる5人組バンド。2005年より札幌で活動開始。ライブ活動を通して道内インディーズシーンで注目を集め、2006年8月に「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO」の公募選出枠「RISING★STAR」に868組の中から選ばれ初出場を果たす。2007年5月にBabeStarレーベル(現:FlyingStar Records)より1stアルバム「GO TO THE FUTURE」、2008年1月に2ndアルバム「NIGHT FISHING」を発表。その後、初の全国ツアーを行い、同年夏には8つの大型野外フェスに出演するなど、活発なライブ活動を展開する。2009年1月にVictor Records移籍後初のアルバム「シンシロ」をリリース。2010年3月に4thアルバム「kikUUiki」を発表し、同年10月に初の日本武道館公演を成功させる。2011年には5thアルバム「DocumentaLy」をリリースし、同作のレコ発ツアーの一環で初の幕張メッセ単独公演を実施。約2万人のオーディエンスを熱狂させた。2012年は「僕と花」「夜の踊り子」という2枚のシングルを発表。2013年3月に約1年半ぶりとなるアルバム「sakanaction」をリリースし、全国ツアー「SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction」を開催した。同年12月には「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした。

サカナクション 蓮の花 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -