Fo’xTails GLITTER DAYS 歌詞 PV

JP歌詞 「GLITTER DAYS」

黒子のバスケ「GLITTER DAYS」フォックステイルズ Youtube PV MV 動画視聴音源
アニメ「黒子のバスケ」第3期エンディングテーマ
発売日:2015年2月4日
歌手:Fo'xTails
作詞:takao
作曲:鳴風
歌詞:
幼き日のSTORY
無数にある生き方を悩んで目を逸らして逃げていたんだ
そんなんじゃ社会には通じないと大人は言う
それならば僕は何に向いていますか?

答えの出ないありふれた日々に出会ったんだ
胸に刺さるTVから溢れ出すROCK
心奪われたんだ

可能性なんてものはなかった
だけど見つけた夢は捨てたくない
裸足で駆け出した僕のSTORY
希望に染まる空の果てへと
僕を加速する輝かしい日々よ
心に火を灯して

気持ちだけ先走り漫画みたいに
上手くいかず空回って転んでは泥だらけになる
時間に左右されて焦るばかり
傷だらけの未熟ウォーリア
澄ました顔して背伸びする

儚い夢と笑われる日々に出会ったんだ
信じ合える絆と描くこの世界
何度も救われたんだ

見えない未来に全てを賭けて
息をきらして心を燃やしたい
ここから始まる僕らのSTORY
答えはいつもこの手のひらで
踊れ感情 走れ生まれたメッセージ
君の心に届け

果てしないこの夢の途中で
ただ一つだけ約束しよう
僕らは足を止めたりはしない
君の手を引くよ
一人じゃないよ

可能性なんてものはなかった
だけど出会えた夢を信じたい
裸足で駆け出した僕のSTORY
希望に染まる空の果てへと
僕を加速する輝かしい日々よ
此処からが始まりだ
光解き放て

TVアニメ『黒子のバスケ』第3期のEDテーマで、新人バンド・Fo’xTails(フォックステイルズ)がメジャー・デビューすることがわかった。
Fo’xTailsは、L→R 〔Gt.&Prog.〕テラ / 〔Ba.〕坂本尭之 / 〔Vo.〕 takao / 〔Dr.〕 峻洋 / 〔Gu.〕 鳴風からなる5人組バンド。ヴォーカル・takaoの繊細でありながらパワフルな歌声と肉厚なサウンドが魅力のバンドだ。
楽曲もさることながら、5人の個性あふれるアグレッシブなステージングはまさに魔力を得た“五尾の狐”そのもの。
今回のデビュー曲は本編で戦うプレイヤーたちの想いにもシンクロするもので、等身大のメッセージ性あふれる歌詞を軽快かつ骨太なロックサウンドで表現。すべての可能性とパワーを抱き込んで「無限の未来」をつかみ取っていく狐尻尾たち“Fo’xTails”にご期待いただきたい。

Fo’xTails GLITTER DAYS 歌詞 PV 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -