七瀬遙(島﨑信長) Clear Blue Departure

–mlYgNqKINo–
-4krJi4qCdbk-

JP歌詞 「Clear Blue Departure」

「Clear Blue Departure」七瀬遙(島﨑信長)Youtube MV動画視聴曲
TVアニメ『Free!-Eternal Summer-』13話ED主題歌
発売日:2014年10月8日
歌手:七瀬遙 (CV.島﨑信長)/橘真琴(CV.鈴木達央)/葉月渚 (CV.代永 翼)/ 竜ヶ崎怜 (CV.平川大輔),
松岡凛 (CV.宮野真守)/山崎宗介 (CV.細谷佳正)/似鳥愛一郎 (CV.宮田幸季)/御子柴百太郎 (CV.鈴村健一)
作詞:こだまさおり
作曲:加藤達也
歌詞:
旅立ちの朝に、見上げる空に、
見送るだけの思い出なんかじゃない
いつだって瞬きもせずに 追いかけた鮮やかな日々
見渡せば for the future 透き通るクリアな blue
迷わずに行けるんだ 晴れ渡る未来へ
駆け抜けて to the future どこまでも自由に
同じ時のなかで 呼びあえたオレ達で
昨日と明日の境界線上に
はさんでおきたい今の自分らしさ
どこか不確かで未完成な希望を
手に取った瞬間のオモイも全部
眩しさで うまく見えなくて
お互いに 自分の姿うつした
コトバが伝わる その夢がうれしい
振り向けばいつも 勇気くれたね
旅立ちの朝に、見上げる空に、
見送るだけの思い出なんかじゃない
今だって胸をアツくする 忘れない最高の景色
見渡せば for the future 透き通るクリアな blue
共鳴する心 晴れ渡る未来へ
吹き抜けて to the future どこまでも自由に
同じ時のなかで 呼びあえたオレ達で
それぞれの日々に流れる時間は
離れていたって繋がっている
オレ達は 心配ないよな
何だって これからも乗り越えるさ
ひとりじゃないから この夢がやさしい
信じる自分を 認められるよ
立ち向かう今日に、感じる風に、
チカラをくれる仲間の存在
今だって胸をアツくする 大切な出会いの傍に
“Free”
ひとりじゃないから この夢が輝く
それぞれの場所が 重なっていくね
立ち向かう今日に、感じる風に、
チカラをくれる仲間と一緒に
進む道を、流れる雲を、
自由な意志を、描いた勇気を、
いつまでも瞬きもせずに 追いかける鮮やかな日々
見渡せば for the future 透き通るクリアな blue
共鳴する心 晴れ渡る未来へ
吹き抜けて to the future どこまでも自由に
同じ時のなかで 呼びあえたオレ達で

「Free!」 あらすじ:
「七瀬遙」は、「水」にふれること――「泳ぐこと」が好きだった。 小学生のころ、同じスイミングクラブに通っていた「七瀬遙」「橘真琴」「松岡凛」「葉月渚」 彼らは、小学校卒業前の大会での優勝を最後に、違う道へと進んでいく。 やがて時が経ち、高校生活を無為に過ごしていた遙の前に、突然、凛が現れる。 遙に勝負を挑み、圧倒的な強さを見せる凛。このままでは終われない。 そして、真琴と渚が再び集い、新たに「竜ヶ崎怜」を引き込んで、岩鳶高校水泳部を設立。 遙、真琴、渚、怜、そして、凛。 これは、躍動感あふれる男子高校生たちの、水泳と青春と絆の物語――。

島﨑信長 :
声優を目指したきっかけは『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイや『テイルズ オブ デスティニー』のリオン・マグナスを演じる緑川光に憧れたこと。母親が申し込んだタレントオーディションでの経験を通して、それまで手が届かないと思っていた芝居に挑戦しようと決心したという。
青二塾東京校第29期卒業。
2012年1月、『あの夏で待ってる』の霧島海人役でテレビアニメ初主演。
2013年3月1日、第7回声優アワード新人男優賞を受賞。
趣味は料理、お菓子作り、ゲーム。パソコンを自作することができる。
中学ではソフトテニス部の部長と生徒会長をしていた。高校時代は吹奏楽部でサックスを担当し、バンドのボーカルも務めたが、楽器は吹奏楽のもの(サックス)しかできない。
苗字の「島﨑」は本来「﨑」(「可」の上に「立」の様な字)を使うが、変換が困難なため一般的な「崎」(「可」の上に「大」)で代用されることがある。少女漫画では『学園アリス』が好き。また『テニスの王子様』が好きで、それがきっかけでテニス部に入部したほど。中でも好きなキャラクターは跡部景吾で、自身のTwitterで誕生日を祝うほど。
尊敬している先輩として、前述の緑川光の他、櫻井孝宏、藤原啓治、松風雅也、石川英郎を上げている。また、前述の出典記事や、本人のTwitter、雑誌等の発言より、共演した先輩を慕ったり懐いたりする傾向が強いことが伺える。

七瀬遙(島﨑信長) Clear Blue Departure 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -