AK-69 Forever Young feat. UVERworld

Forever Young feat. UVERworld

Forever Young feat. UVERworld

AK-69 Forever Young feat. UVERworld

作詞︰AK-69・TAKUY∞
作曲:RYUJA・UVERworld
歌詞
Yoシボレーのドアを蹴り開けて 街に飛び出した俺んた
暴力 酒に女 音楽 中指立てる大人の仮面にゃ
Ohさぁ踊ろう「今日」という日を生き急ぐメンバー
足りねぇか? Little louder!欲望渦巻く路上が現場
Yeahいつだってそうだろ?ブルハ尾崎永ちゃんが教科書
くたばるまで格好つけてぇ 誓ったよあの放課後
俺らピーターパン「またいつか」なんて言っちゃいかん
嘲笑っとる大人に言ってやらぁ 人生はたったの
一回だ

胸の奥底 初期衝動
見て見ぬフリNo, No
夢追い笑われ 傷だらけでギラつくMy way
Go on ! You should know who we are

Forever Young
Hey! Just next to me from now
大切なことは魂の状態
Forever Young
Hey! It’s your turn next from here
「あの日始めれば良かった」の
その次の始めるべき時は今

高笑いする都会の喧騒 ウケ狙いならば振り向けれんぞ
何連呼?忘れろ?夢流した便所 見下ろしてきやがる摩天楼
Ohまるで勝新みたく破天荒 伝説へとアテンド
怖にゃあ怖にゃあてその程度
捨てろ負け惜しみ 過去の栄光
永遠なんぞはねぇて いつか天へ召され
ペンで書き殴ったこの魂は2PACみたく誰かの心を通過
なぁ何か忘れちゃねぇか 人生まるで映画 皆がエンターテイナー
思い出せ思想は現実化する 誰がHighway飛ばすBentayga

胸の奥底 初期衝動
見て見ぬフリNo No
夢追い笑われ 傷だらけでギラつくMy way
G0 0n ! You should know who we are

Forever Young
Hey!俺達は今日だって
若気の至りのような夢を追いかけて来た
Forever Young
Hey!変わるはずなんてない
さぁ至ってやろうぜ!
今日は残された人生で一番若い日だろ

半端な覚悟ならドブに捨てな(永遠)
往生際が悪いテメー笑い飛ばし 誇れBetter
days
まだ終わらない
終わらせやしない 燃え尽きるまで(永遠)
まだ終わらない
終わらせやしない くたばるまで(永遠)

Forever Young
もう夢を追いかけ本気になった心は
自分の指図も受けない
Forever Young
Hey!その思いから逃れられないなら
自ら向かうだけ

終わらせやしない 燃え尽きるまで(永遠)
まだ終わらない
終わらせやしない くたばるまで(永遠)
まだ終わらない Forever Young
そう今日という日は お前に残された人生の一番若い日
AK-69
の情報
AK-69が、<Def Jam Recordings>第1弾アルバム『DAWN』からUVERworldをフィーチャリングした楽曲「Forever Young feat. UVERworld」を本日11月9日より先行配信をスタートした。
同曲は、11月1日に行われた対バンライブ『UVERworld vs AK-69 at Zepp Sapporo』でも披露された新曲。また、iTunesにてアルバム『DAWN』のプレオーダーもスタートしている。]

AK-69 Forever Young feat. UVERworld

のツイッターの反応
Forever Young Feat.UVERworld みたいなコラボ曲聴くと久々に サク、徒花 feat.TAKUYA∞(UVERworld)も聴きたくなって聴くという(笑) これめっちゃ好きやねんな俺氏ヾ(*´∀`*)ノ

UVERとAKのコラボ曲さ なんかTwitter見てたら UVER新曲!!ってなってるけど AKのアルバムの曲でしょ?w crewだけど 何でもかんでもUVER!UVER!ってw Forever Young feat UVERworldね

AK-69のニューアルバムに収録されたForever Young feat. UVERworld
やっとフルで聴けた
”大切な事は魂の状態”
ここのフレーズがとても好きで
とても前向きになれる
聴く度にメロディや歌詞の良さが響いていろんな感情が溢れる
ほんとに素敵な楽曲だ。

AK-69の forever young (feat.UVERworld) 今日配信開始された! UVERworldのとこ好きだなぁ😳 こんなん出たらUVERworldのアルバムどんなことなってしまうんだろう。。

UVERworld
ウーバーワールド
滋賀出身で幼なじみのTAKUYA∞(Vo)と信人(B)らを中心に結成されたロックバンド。関西を中心に活動を続け、2004年末に上京。2005年7月にシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビューを果たす。2008年11月には12thシングル「儚くも永久のカナシ」で初のオリコン週間ランキング1位を獲得し、同年12月には東京・日本武道館、大阪・大阪城ホール公演を成功させる。そして2010年11月に初の東京・東京ドーム公演を実施。一方で地元滋賀にある200人規模の会場での公演やZeppを中心としたライブハウスツアーも行っている。2014年にはサポートメンバーだった誠果(Manipulator, Sax)が正式メンバーとして加入し6人編成に。結成15周年とメジャーデビュー10周年を迎える2015年には7~9月、9~12月にそれぞれ全国ツアーを実施する。

AK-69
孤高のHIP HOPアーティスト。
「険しい道を敢えて選ぶ」という自身の歌詞にもある通り、勝ち上がり辛い環境から、頂点を目指すラッパーである。

オリコン総合DVDチャートにて1位を獲得をはじめ、音楽アワードMTV VMAJ 2015にて「BEST HIP HOP ARTIST」を受賞。
ニューヨークのNo.1 HIP HOPラジオ局と名高い”HOT97”に日本人として初のインタビューを受け、同局主催イベントへのライブ出演も果たす。国内では、2014年に日本武道館を含むアリーナツアーを成功させ、翌2015年にはキャリア最大規模となる全国13都市を回るホールツアーを開催した。プロ野球選手登場曲の使用率2年連続No.1(’14年,’15年)。ボクシング世界王者やサッカー選手、騎手、体操、格闘技などのトップアスリート達から、IT企業や多くの経営者達まで、各方面より絶大な支持を受ける。

2016年1月、さらなる”インディペンデント”を求めて、自身が代表を務める「Flying B Entertainment Inc.」を設立。
2016年4月、伝説的なHIP HOPレーベル「Def Jam Recordings」の日本での再始動後初のアーティストとして電撃契約を果たす。

“勝ちは勝ちでも、こだわる勝ち方”。そのAK-69の信念を曲げずに新たなる挑戦へと突き進む。

AK-69 Forever Young feat. UVERworld 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -