槇原敬之 Fall

JP歌詞 「Fall」

「きょうは会社休みます」の主題歌「Fall」Youtube PV MV 動画視聴曲音源
発売日:2014年11月19日
歌手:槇原敬之
作詞:Noriyuki Makihara
作曲:Noriyuki Makihara
歌詞:
何時でも決まった事を
一人で淡々とこなす
人が絡まない分だけ
問題も起こらないけど
昨日と今日が知らずに
入れ替わってたとしても
気づけないような日々を
歴史と呼べず悩んでた

そんなとき君が現れて
こっちへおいでと手を伸ばす
その手に一瞬触れただけで
世界が違って見えた

本当はこんなタイミング
待ってたのかもしれない
見たこともない世界へ
誰かと落ちるその時を
恋の1つも知らないで
一生を終わるなんていやだ!
心の叫ぶ声に耳を
塞ぐ手をどければ
IT’S TIME TO FALL!

傷つけたり傷ついたり
我慢したりこじれたり
人が絡めば問題も
起こったりもするけれど

誰かといる事でしか
見えないものがあるなら
その相手は君しかいない
握った手を離さない

本当はこんなタイミング
待ってたのかもしれない
見たこともない世界へ
誰かと落ちるその時を
まだ眠る顔を見ながら
会社に入れた初めての
ずる休みの電話から
君と落ちていく
IT’S TIME TO FALL!

罪悪感飲み込むほどの
切なさでついた嘘が
絶対変わらないと思ってた
この自分を変えていく

本当はこんなタイミング
待ってたのかもしれない
見たこともない世界へ
誰かと落ちるその時を
恋も知らず終わるなんて
いやだ!いやだ!いやだ!いやだ!
心の叫ぶ声に耳を
塞ぐ手をどければ
3・2・1 FALL!

本日11月19日にリリースされた槇原敬之のニューシングル「Fall」のビデオクリップショートバージョンが、レーベルのYouTube公式チャンネルにて公開された。
このPVは、槇原本人は出演していないが、彼がこの曲を制作する際に意識した新しい世界に飛び込むようなイメージや、歌詞にあるような「見たこともない世界」を再現。女性が、街で無重力空間のように浮きながら“Fall”していく様が映し出されている。監督は須藤カンジが務めた。
なお槇原のオフィシャルサイトでは、発売に際した本人のスペシャルコメントも視聴できる。

槇原敬之:
1969年大阪府生まれのシンガーソングライター。1990年にデビューし、1991年の3rdシングル「どんなときも。」がミリオンセラーを記録。その後も「冬がはじまるよ」「もう恋なんてしない」「僕が一番欲しかったもの」などヒット曲を連発し、2004年にはアルバム総売上枚数が1000万枚突破の快挙を遂げる。2010年11月には自主レーベル「Buppu Label」を立ち上げ、リリースを続けている。2014年は1月にカバーアルバム「Listen To The Music 3」、2月にシングル「Life Goes On~like nonstop music~」をリリースした。また他アーティストへの楽曲提供も多数あり、代表作はSMAPの「世界に一つだけの花」など。

槇原敬之 Fall 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -