eufonius レテ 歌詞

発売日:2015年3月11日
歌手:eufonius
作詞:riya
作曲:菊地創

それは蜃気楼
不安定に開かれてる
いつも止まらない
この思考が棘になる

逃げ出した
夜は剥がれ落ちて
花はまだ咲かず

夢を見た綺麗な目のまま
削られてゆく領域を
確かめたその一瞬だけ
塞ぐように瞬いた

それは逡巡
気付かずにはいられないのに
同じ拍子を
精密さを砕くように

散りばめた
夜に理由付けて
花はもう見えなくなる

塞がれた純粋がいつか
何もかもを導くなら
忘れてた微睡みの中へ
潜るように飛び込んで

色褪せた結晶が
遠く霞んだ頃
違う声がする?

刻まれたあの日の空気を
心の中 残せるなら
目醒めても怖がらなくていい
またきっと同じように

夢を見た綺麗な目のまま
削られてゆく領域を
確かめたその一瞬だけ
塞いだら光になる

eufonius レテ 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -