松田聖子 永遠のもっと果てまで 歌詞 PV

「永遠のもっと果てまで」JP歌詞

映画「PAN」日本語版主題歌
松田聖子 新曲「永遠のもっと果てまで 」PV 動画視聴 Youtube MV
発売日:2015年10月28日
歌手:松田聖子
作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂(松任谷由実)
編曲:松任谷正隆
歌詞:
夕陽を絞ったジンジャーエール
あなたとの日々が泡になる
カモメが波に急降下して
サヨナラに爪立てる

パズルの最後の断片を
失くした私は未完成
ひとつの愛をリセットしても
私の船は未知の海へ

帆をあげて旅立とう
永遠(とわ)の海の果てに立ち
生きてるって素晴らしい
両手広げ叫ぼう

ねえ大丈夫よ 胸の傷
半年くらいで癒えるはず
あなたの記憶 いいところだけ
拾い集めて抱いた

海風にほどく長い髪
あなたが束ねてくれたでしょう
今は自由な風にまかせて
この孤独にも慣れなくちゃね

帆をあげて旅立とう
草の波を走り抜け
あなたへと伝えたい
この涙の重さを

帆をあげて旅立とう
永遠(とわ)の海の果てに立ち
生きてるって素晴らしい
両手広げ叫ぼう

松田聖子 新曲「永遠のもっと果てまで 」
松田聖子が、10月31日より全国公開される映画「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」の日本語吹替版の主題歌を担当することが明らかになった。
松田が歌う主題歌「永遠のもっと果てまで」は、作詞を松本隆、作曲を呉田軽穂(松任谷由実)、編曲を松任谷正隆が手がけた。この曲は松田のデビュー35周年を記念して制作されたナンバーで、10月28日にシングルリリースが決定している。松田は今回のタイアップに際してコメントを発表し、「物語の素晴らしさ、そして映像の美しさにとても感動しました。ピーターが仲間や家族を信じて頑張る姿に胸がいっぱいになりました。一番の魔法は信じる気持ちなんだなあという事が、この映画を観て本当に分かりました」と映画の感想を述べるとともに「私もこの素晴らしい映画の一部になる事が出来て本当に幸せです」と喜びを表した。
「永遠のもっと果てまで」のサビが聞けた!なんかね、生きててよかったよ。プロが作って、プロが歌うとこうも違うものかね。 サビだけで景色がパ~っと広がって、楽曲の奥行きの深さを感じたよ。 両手広げて叫びたい気分だよ.
松田聖子
日本を代表する女性アイドル歌手。1978年に「ミス・セブンティーンコンテスト」の九州地区大会で優勝し、上京。翌1980年にシングル「裸足の季節」でデビューを果たす。3rdシングル「風は秋色」からは、24曲連続でオリコンシングルチャート1位という偉業を達成。高い音楽性と個性的な歌声により、国民的ポップス歌手の地位を不動のものとした。90年には全米デビューも果たし、早くから海外での活動を行っている。また女優としても積極的に活動しており、2004年に主演したドラマ「たったひとつのたからもの」は、関東地区で30.1%の高視聴率を記録。「聖子ちゃんカット」から「ビビビ婚」まで、さまざまなブームの火付け役でもあり、つねにその動向を注目されている。

松田聖子 永遠のもっと果てまで 歌詞 PV 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -