doriko feat. 初音ミク 文学者の恋文

発売日:2014年8月27日発売
作詞:doriko
作曲:doriko

言葉をあなたに捧ごう
この僕の心と同じ憂いを文字に籠めて
どれだけ綺麗に描けたならあなたに届くのか

涙零した二つの少し離れた雨傘
あなたの声が聞こえない
雨音が邪魔をした

初めて誰かに恋をしてた
きっとあなたも気づいていたね
胸を裂く切なさを手紙に綴ろう

言葉をあなたに捧ごう
この僕の心と同じ憂いを文字に籠めて
どれだけ綺麗に描けたなら伝わるだろうか
言葉にできないなんて逃げ出せない
まるで一人孤独な文学者
僕が織り上げた言葉でこそ
届けてみせたい

変わらず空は晴れない
二つ並んだ雨傘
あなたの指に触れた日
雨音が遠くなる

拙い手紙を渡したけど
雨に滲んだ文字が読めない
それでも「ありがとう」とあなたは笑った

言葉をあなたに贈ろう
もう一度いつか必ず渡すと約束した
そうする自分が悔しかった
あなたの優しさも
飾らぬ心を書けば幼すぎて
姿もない「誰か」に笑われた
その時忘れてしまったもの
幸せの中に

寄り添う月日は黄昏ゆく
僕らに残された時間は
あと僅かだと知っているのか
目を閉じあなたは呟く
「最後に願いが叶うのならあの日の手紙を下さい」と
ただ言い残して眠りにつく

例えば「好き」と一言の手紙でも
あの人は大切にしてくれたのだろう
本当は自分も分かっていた
けどできなかった
心を綴ることから逃げ出した
僕は一人無力な文学者
語ろうとしてた「誰」のために

誰のために?

だからせめてまたあなたに会うときは
あの日の僕が続きを渡すから

ペンを走らせる窓の外に雨音が響く

doriko feat. 初音ミク 文学者の恋文 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -