秦基博 – ダイアローグ・モノローグ

-D015F57B0C1EB4F64FD5E580E859846B508F&outKey=V124da1011ff7e4a6a7f82780974b2e7a6b6b154f52167a7c11f72780974b2e7a6b6b-

「秦基博 ダイアローグ・モノローグ」 JP歌詞

「ダイアローグ・モノローグ」秦基博
PV視聴 MV 動画試聴歌詞付きLIVE 音源 youtube 音楽配信
4月23日発売となる同シングルのタイトルは「ダイアローグ・モノローグ」。
主人公が昔の自分と対話をし、過去を振り返るだけではなく、現在と向き合い、
未来へ踏み出していこうとする姿が描かれている。
新生活がスタートし希望や期待に胸を膨らませる一方で、理想と現実のギャップに悩み、
戸惑うことも多い季節。今作は、そんな日々を癒し、潤してくれるであろう秦基博流のメッセージソングだ。
打ち込みを基調とするアレンジは秦としては珍しく、
新たに高山徹をエンジニアに迎えたことで大きな進化を遂げたサウンドは、
秦が信条とするポップセンスをより揺るぎないビビッドなものへと昇華させた。
カップリング曲「五月の天の河」は “離れて暮らす大切な人に会いに行く”をテーマに、
2年振りに開催される「GREEN MIND 2014」の参加ミュージシャンと共にセッション・レコーディングされ、
ツアーでの披露が目に浮かぶようなライブ感あふれるフォーキーな1曲。
「ダイアローグ・モノローグ」、「五月の天の河」の2曲ともに、
<一緒に何かを共有する、そんな時間を大切にしたい>という気持ちを
込めて制作された、ツアーの招待状のような新曲だ。

発売日:2014年4月16日
歌手:秦基博
作詞:秦基博
作曲:秦基博
編曲:秦基博
歌詞:
廻る時計の針に はじかれた君はひとり
打ち付ける人波 憧れは 脆く砕け散ったよね

あの日 ぽつりと漂う はぐれた雲に 明日を重ねていた

思うように 思うようには 生きられないこの世界で
君はただ もがいていた
特別じゃない なにものでもない 自分を突きつけられて
君は探した 君をもう一度

相変わらずの街に 今でも僕はひとり
でも悪いことばかりじゃなかったよ 失くしたものもあるけど

空に ぽつりと「大丈夫」とつぶやいた 間違いなんてないんだ

思うように 思うようには 生きられないこの世界で
僕はまだ もがいてるけど
いつか君が刻んだ時間が 確かに息づいている
変えられるんだ 痛みは 強さに

思うように 思うようには 生きられない でも世界は
君をきっと 待っているから
今の僕が刻んだ時間も 静かに紡がれてゆく
どんな未来も 乗り越えられるよ

終わり~
皆さんの意味感想教えてくださいm(_ _)m!

-bFucIdMtCYQ–

秦基博 – ダイアローグ・モノローグ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -