Ceui ベアトリーチェX事件

発売日:2014年9月10日発売
作詞:Ceui
作曲:小高光太郎

それはあまりにも恐ろしく
あまりにも謎めいた一つの事件。
誰もが 羨むような貴族の城のなかで起こった事故のはずだった。

バラのように染まる頬に
ダイヤよりもかがやくその瞳
美しき悲劇の乙女
なぜ彼女は罪を犯したか?

II
(X伯屋敷の召使いメリッサの場合。
両親に宛てた手紙に於ける証言。)

『お父さま お母さま わたしは元気にしています!
お屋敷は とても立派で 旦那様は優しい方でした!
だから だから悲しいわ
こんなこんな ことってないわ

バルコニーから 旦那様 落ちてしまったの
嘘じゃないわ わたしちゃんと この目で見たわ…!!』

III
『華やかなお屋敷』は本当は恐ろしい悪魔の棲家
繰り返し 犯される 父親の虐待
囚われし 叫び声 実娘は決めた
母と兄弟を呼びついに計画を企てた。

極秘密の会合 ささやかれる暗号
明け方には敢行 ボトル持って参上
阿片入りのワイン 眠ったのがサイン
おぞましき悪魔よ 忌まわしき地獄にAddio!!

おお!ベアトリーチェ!!
おお!ベアトリーチェ!!
さぁ 絶望をわかちて
おお!ベアトリーチェ!!
おお!ベアトリーチェ!!
さぁ希望よ来たれよ
「わたしは罪など犯していないわ…」

度重なる裁判でも彼女は、明日を信じた。

IV
(町の住人達の噂)
「まぁ 尊属殺人!? なんて恐ろしい容疑なんでしょう!!」
「一体莫大なX家の財産はどこへいくんだろうね?」

けれど皆知っていた。
悪魔が犯す殺人暴力
美しき悲劇の乙女
彼女に迫る未来は如何に……?

V
(名探偵ヴィンセント?ラファエルスの場合)
わたしの名前は
名探偵ヴィンセント
この事件、ん?何か匂うな…。
優れた嗅覚と推理の腕は
ローマ中で右に出るものはいないと自負しております
以後、お見知り置きを。

趣味は 女性と薔薇を愛でること。…失礼。

本当にベアトリーチェは 無実なのか?
隠された暗号が あるはずだが…

もしや 教皇らの陰謀か?
事故に見せかけた他殺か?
まさかまさかそんなことは…?

こういう時にはカードを切って
思いきって 原点に戻れ
思わぬところに真実の
糸口が 見えてくるものなのさ

そこのお嬢さま
そこのおぼっちゃま
謎解きならわたしにお任せを
ご入用なら
どうぞこちらへ
わたし名探偵 ヴィンセント?ラファエルスまで (キランッ☆)

VI
(ベアトリーチェ嬢 処刑当日。)
「あぁ…恐いわ…!あぁ処刑台が近づいてくるわ
あぁ…神様
なぜわたしは死ななきゃいけないの?」

処刑者が見えたぞー!始まるぞー!
群衆がどよめき 騒いだ
埃風 吹いても叫んでもなお
彼女は揺るがない。

と、その時 民が唱え出す祈り
膨らむ同情の怒声を
遮るように 掻き消すように裁判官は下した!

「Va’ a quel paese! Va’ a quel paese! Va’ a quel paese!
ベアトリーチェ!!お前に裁きを!!」

Ceui ベアトリーチェX事件 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -