bonobos うつくしいひとたち

発売日:2016年9月21日
歌手:bonobos
作詞:蔡忠浩
作曲:蔡忠浩

空と鮮やかな色彩 イカレた太陽の香り
ぼくらの夏の終わりに吹く風はまるで合図

欠けた和音の響き つまり手放すことなどひとつも怖くない
物語は枝を分つ 美しい影を落として

この星のどこかでときおり叶えられている愛
それが今ここにある
この美しさ、このさよならさえも

灰とダイヤモンド つまりぼくらは大きな地平のフラクタル
物語は海を目指す 美しい涙となって

この星のどこかでいくつも叶えられている愛
それが今ここにある
この美しさ、この別れの時でさえ

どうか愛の可能と
そしてくちびるにいつでも歌を
風に立つ彼女の髪
さよならなんてとても言えないよな

この星のどこかでいつでも鳴り続けている音楽
ぼくらが持ち寄ったメロディー、最高フレーズぜんぶ
眩しすぎる光
賛美歌の余韻
クソったれ、愛してる

愛の可能とくちびるには歌を

bonobos うつくしいひとたち 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -