amazarashi 花は誰かの死体に咲く

発売日:2016年2月24日
歌手:amazarashi
作詞:秋田ひろむ
作曲:秋田ひろむ

街路樹も染まるから 素知らぬ顔で赤色 裏切られた気分で 寒空の下で
嫌なニュースばかりで 耳を塞いでいたら
発車のベルを聞き逃して 南無阿弥陀仏
母親のあきれ顔 寒々とした旭町 非暴力の近海で爆撃機が飛んで
生活と空想 世俗と現実逃避の成れの果て

人類が誕生し約七百万年 今日までに死んだ人の全ての遺体が
土に埋まってんなら 君が生きてる町も
世界中どこだって誰かの墓場なんだ
ぞっとしない話しだが それに救われたんだ
高層ビルもアパートも墓標みたいだ
憂鬱も悲しみも思い出も 分解してくれないか

綺麗でもなんでもねえ 小さな花が咲いた
君の無様の肯定 やむにやまれず生きて 名付けられもしないで
捨てられた生ゴミも 悔やみきれず死んでも
叶えられる事なかった誰かの夢も
一つ残らず土に還るのだ 花は誰かの死体に咲く

町が夜を追い出そうとするから夜空の下 大げさに騒いでは炎を焚いた
ビルの明かり 街灯 電飾看板など ついに都市は孤独を克服したのだ
それでも田舎の夜を 一人で彷徨うより
募る都市の寂しさは一体なんだろう
きっと人と比べてしまうから 僕の幸福は相対的だった

綺麗でもなんでもねえ 汚れた友が笑えば
僕の失敗の肯定 選べなかった道で 恥も外聞もねえ
抱きしめたあの人も 向かい風の嘲笑も 讃えられる事なかった君の勝利も
一つ残らず土に還るのだ 花は誰かの死体に咲く

かつての戦場に人が営んだとて 悲惨な事件の現場に花手向けたとて
捨てられた町に未だ木々が根付くとて 祖父へのお供え物に虫がたかるとて
虚しさに生きてその最中に笑えよ さよならは一瞬だその最中に歌えよ
朽ちる命抱きしめて泣きじゃくる晩は 踏みしめてる土に祈れ生命賛歌

綺麗でもなんでもねえ 命が今日も笑えば
人の傲慢の肯定 逃れられぬ命を 逃げるように生きてよ
笑い合えたこの日々も 失くした日の痛みも
なんとか死にきれそうなこんな人生も
一つ残らず土に還るのだ 花は誰かの死体に咲く

amazarashi 花は誰かの死体に咲く 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -