amazarashi メーデーメーデー

発売日: 2016年10月12日
歌手:amazarashi
作詞:秋田ひろむ
作曲:秋田ひろむ

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女すべからく漂白するコンダクト
思考なきマスゲーム 堕落の行進曲 反旗も空しく 価値と数の暴力
否応もなく
突き立てられる喉仏 己を殺せ 無明の権化 無能、クズも仏
色めき立つ世俗共の純粋なるアンチで 近代合理主義のここどん詰まりにて

テレビの向こうの多数の犠牲者には祈るのに
この電車を止めた自殺者には舌打ちか
溜め息に似た自覚無き悪意が
ファストフードの油の匂いみたいに飽和している東京
黙祷
少し黙れ喋り過ぎだ
って我慢できず喋り出す自意識が 空白を埋めるな
踏みならすアスファルトに 生命浄化のアナトミー
等しくこの土地に死すなら

シスター
どうか慈悲を我らアウトランダー 背徳とはなんだ 善は悪を孕んだ
罵ったあとですぐ抱きすくめる「この売女」
二十一世紀ようやく迎えた人類の反抗期 値段も善悪も美醜も移ろうように
謀反にするどく研ぐ段平 泣きじゃくりの賛美歌
己を忘却してはいないか?
中古本屋で百円均一のハイデガー

高層ビル 名無し アイロニー 物質主義 吐く血 センシティブ
燃やす運命 分別ない文明 香典返しは歌のラストシーンで死んで
いずれ来る寂滅 自ずと判明する判決に泣いて
メーデー メーデー って子供みたいに泣きじゃくる無邪気な愛で

大学卒業後、中小企業に就職 それを機に同級生の彼女と巣を作る
息子、娘一人づつ、四人家族の幸福
激務だが平均年収、越えて撫で下ろした胸
色んな事を諦めた 屈辱に顔しかめた
そのお陰か都内の新築マンションには手が届きそうだ
少し光が射した 今まで以上に気張った それがまずかった

向上心や見栄が仲間を遠ざけた 鼻につくと陰口 罵り 嘲り
自分諭す、無になれ 同調圧力、ヒエラルキーの下で
住宅費 頭金 積み立て 鎖に繋がれた飼い犬だと気付いた
喜んでくれた妻の笑顔を裏切れなかった

────これは全部想像だ 今日、電車に飛び込んだ男についての

高層ビル 名無し アイロニー 物質主義 吐く血 センシティブ
燃やす運命 分別ない文明 香典返しは歌のラストシーンで死んで
いずれ来る寂滅 自ずと判明する判決に泣いて
メーデー メーデー って子供みたいに泣きじゃくる無邪気な愛で

切り捨てるべきか 差別するべきか 淘汰されるべきか
実は悪意こそが普遍だ
「自分だけは大丈夫」という確信を この時代に持てるんなら
相当な権力者か馬鹿だ
八つ当たりの偽悪をひけらかしたいだけなら
そのだらしない下水溝みたいな口を閉ざすべきだ
愛なき時代か そうは思わないが ぞんざいに扱われる愛も数知れず見た

僕は人を愛すが、それ以上に人を憎んだ
殺したい奴はいるが、守りたい人もできた
世界を恨む時代は終わった 貸しは返すつもりだが
その期に及んで競い合うつもりか
勝つか負けるか 上か下か そうじゃない 賞金も勲章もない
もはや生存競争だ
なり振り構ってられるか 口を閉ざしてたまるか
どうか生き残ってくれないか

高層ビル 名無し アイロニー 物質主義 吐く血 センシティブ
燃やす運命 分別ない文明 香典返しは歌のラストシーンで死んで
いずれ来る寂滅 自ずと判明する判決に泣いて
メーデー メーデー って子供みたいに泣きじゃくる無邪気な愛で

amazarashi メーデーメーデー 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -