amazarashi しらふ

発売日:2016年2月24日
歌手:amazarashi
作詞:秋田ひろむ
作曲:秋田ひろむ

「自分以外皆死ね」ってのは「もう死にてえ」ってのと同義だ
団地からの三人称視点
寂れた外壁に吸いさしの煙草押し付け 現場監督の怒号に唾を吐いて夕暮れ
もう消えてくれ 未だ歌手としては無名
ぼろぼろになるまで働いて食う飯はうめえ
けど明日にはばっくれ 我慢、忍耐とは無縁
こんな僕に光が射すなら早くそうしてくれ

解体作業、ソープ、オフィス、世田谷の小学校
豊かな心、情操教育で現実を描こう
アスベスト吸い込み、渡る現場は鬼ばかり
高所作業、安全帯無しで人生綱渡り
こんなはずじゃなかった 頭で繰り返し
これで何百回目かの人生の振り出し
もう無理かもね 祈る気力もない流星 あの日期待した僕の才能、下方修正

努力 積み上げた労力は結局徒労 それなら目の前にある惰眠をむさぼろう
昨日出来たはずの世紀の名曲は
掃いて捨てる程ある駄作にも埋もれる駄作だ
埃だらけの作業服 冷たい視線 山手線 特に原宿より南は痛てえ
俳優、バンドマン、その日暮らしにホームレス
履歴書なしで派遣される工務店

事務所前チューハイで乾杯の晴天 古株の面々 まるで現代の蟹工船
妥協でされるがままの搾取 汗を酒で潤す
さながらヨイトマケの唄か山谷ブルース
夢見がちな馬鹿とギリギリの奴らが集い
気がついたら僕もそんな一派の一人
泥酔にまかせて現実をずらかった 夢も消えちゃった
「今日の仕事も辛かった」

スナックの皿洗い、送迎じゃまどろっこい
大湊自衛隊員の愚痴には酷く悪酔い
次第に増える独り言、あの日の怒号、反響するエコー
いや待て、これはもしかしたら幻聴
フラッシュバックで言葉を書く マッチポンプな自傷行為
宿命とは聞こえがいいが ようは体のいい呪いだ
早揚がりの泥酔の果てにふらふらの自意識が
下手な勘ぐりをし出す前にもう眠るか

「自分以外皆死ね」ってのは「もう死にてえ」ってのと同義だ
悪いのは僕か世界か
千鳥足じゃふるさとに吹く風だって冷てえ
こんなんじゃ世間だっていざって時にはつれねえ
震えて朝焼け 外套の襟を立て
勇んで出てったはずのふるさとにまた立って
もうここには居られねえ 自暴自棄な足取りで
分かったもう出てくよ 僕はすっかり素面で

老いも若きも酔っぱらいの三千世界で 我こそが純粋なる全うな素面で
痛み真っ向から食らい歌う酩酊いらずで
青年は詩を書く 離れた陰気な群れ
属する場所がないって場所にはぬけぬけと属して
舐め合う傷跡は蜜の様に甘え
そのカビ臭い地下室からはさっさと抜け出して
むき出しの肌で受け止める現実の

amazarashi しらふ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -