AKB48 – 掌が語ること PV 歌詞付き

-635854-

-lFZiIYjNuMM-

AKB48 掌が語ること JP

AKB48 掌が語ること JP

音源「掌が語ること」AKB48 PV視聴 MV 動画試聴 歌詞付き
発売日:2013年3月8日
作詞:秋元康
作曲:丸谷 マナブ
歌詞:
AKB48 – 掌が語ること MV LYRICS
AKB48「掌が語ること」の感想:
個人的には好きです!
復興支援ソングとしては申し分ないと思います。
和の歌のような感じがしてちょっと新鮮な気分です。
多分、別に普通って思てる人は「この曲をAKBが歌ってるから(ry」
って思い込んでいるからかなとも思います。(あくまで推測ですがw)
なので、これを一つの曲として聴いてほしいです。
「掌が語ること」 良曲で好きです!!-
掌で~ 優子まゆゆ
指を~ たかみなぱるる
それでも~ 麻里子ゆいはん
目の前に~ ゆきりんともちん
その砂を~ こじはる珠理奈
この掌の~ 佐江みるきー
あの空~ 指原玲奈
ちっぽけ~ 華怜さや姉
掌が~ たかみな優子
っぽく聞こえる
合ってるとしたらSo long選抜-きたりえ+華怜
みぃちゃん坊主で代わりに佐江かな –
優子まゆゆ→たかみなぱるる→麻里子ゆいはん→ゆきりんともちん じゃね?
こじはるはじゅりなと二番の出だしのような気が
あとちっぽけだけど~は片方華怜だよね

2011年3月11日に起きた東日本大震災の後に
AKB48 グループは「誰かのために」プロジェクトを立ち上げ、
復興支援活動を継続的に行って参りました。
一昨年5月から本年2月まで合計22回の被災地訪問では、
ミニライブや握手会、季節に応じてクリスマス、
バレンタインイベントなどを行いました。
そしてこの度、
「誰かのために -What can I do for someone ?-」に続く、
新しい震災復興応援ソング「掌が語ること」
を全世界無料配信すると同時に、
ファンの皆様より義援金を募り、
その収益を日本赤十字社を通じて寄付させて頂きます。
この曲には AKB48 グループが『私たちに出来ること。
子供たちを笑顔にすること。』そして『2013 年も被災地への支援活動を継続していきます。』
という思いが込められています。
また、世界中の人々に歌っていただくことで、被災された方々を想い、
気持ちを繋げて、世界が一つになるという願いも込めています。 –

先日の西武ドームでもファンの皆様にお伝えさせて頂きましたが

本日3月8日 18時から「掌が語ること」を全世界無料配信します。

「誰かのために」プロジェクト特設サイト

こちら

から無料でダウンロード出来ますので、一人でも多くの方に聞いて頂きたい
と思います。

また、合わせてダウンロードページより皆様からの義援金も

同時に受け付けております。

こちらは任意の金額ですので、皆様からの「お気持ち」

宜しくお願い致します。

まもなく震災から2年。

22回の被災地支援活動を通して、
AKB48Gが学んだことは

本当に沢山あります。

そして、活動の中で、幼稚園児が一生懸命全力で歌のプレゼントを

してくれたり、おばあちゃんが子供達が大はしゃぎしている様子をみて

嬉し泣きをしていたりするのを目の当たりにすると

「人」と「人」の「絆」や「支え合う」ことが

どれだけ大切なのか?ということを強く感じます。

皆様からのご支援があるからこそ、この活動を継続していけるという

ことに感謝の気持ちを忘れず、これからもAKB48Gは

「誰かのために」プロジェクトの活動をして参ります。

今後ともAKB48Gのことを温かく見守って頂けると嬉しいです。-

その他のコンテンツ:
AKB48グループは震災後すぐに復興支援プロジェクト
「誰かのために」を立ち上げた。
グループからの寄付金や、
ファンから募った義援金などを合わせ12億5000万円以上を寄付。
マイクロバスも寄贈した。
さらに毎月1回、メンバーが被災地を訪問。
避難所や公民館などで6~7人でミニライブと握手会を開いている。
戸賀崎智信総支配人は以前から「時間をかけてでも、
メンバー全員を被災地に連れていきたい」と話しており、
今後も被災地訪問は続けていく。
節目となる3月11日には、AKB48、SKE48、NMB48、
HKT48の各専用劇場で、チャリティーライブを開催。被災者への祈りをささげる。
AKB復興応援ソング第3弾!全世界に無料配信…3・11各劇場でライブ
アイドルグループ・AKB48が東日本大震災の復興応援ソング「掌(てのひら)が語ること」
を8日から全世界に無料配信することが28日、
わかった。AKBが楽曲を無料で配信するのは初めて。
復興応援ソングは、11年4月に配信限定で発表された
「誰かのために‐What can I do for someone‐」、
23thシングル「風は吹いている」に続き3曲目。また、
震災から2年となる3月11日には、
国内姉妹グループが各劇場でチャリティーライブを行うことも発表された。
震災復興支援活動に力を注いできた国民的アイドルが、震災から丸2年を前に、
3作目の復興支援ソングを発表した。

「掌‐」はグループ初の無料配信。楽曲ダウンロードは、
AKB特設サイトから行うため、全世界の誰でも手に入れることが可能となる。
配信開始は8日午後6時を予定している。

AKB最初の復興支援ソング「誰かのために‐」は収益金の全額を、
2作目の「風は‐」は収益の一部を義援金として寄付してきた。
今回の「掌‐」自体に収益は生まれないが、
特設サイトに寄付金受付窓口を設置することで、
国内外を問わず幅広く寄付を呼びかける狙いがあるという。
海外からも手軽に寄付できるよう、
クレジットカードでも決済可能となる見込みだ。

AKBグループは、震災発生直後から支援を行ってきた。
11年3月16日には5億円の義援金寄付を発表。同5月22日からは毎月1回、
メンバー6~7人が被災地訪問を行っている。これまでの訪問は22回を数え、
参加メンバーは延べ138人。被災地ではトラックを改造したステージでのミニライブや、
即席で握手会を行うなど、大所帯ならではの活動で、被災者と直接触れ合ってきた。

震災からちょうど2年となる11日には、東京・秋葉原、名古屋・栄、
大阪・難波、福岡・博多の4劇場でチャリティーライブを行うことも決定。
今後も被災地訪問を含めた支援は継続する方針。
これまでも、これからも、震災からの復興のため活動していく。

AKB48 – 掌が語ること PV 歌詞付き 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -