AKB48 制服の羽根

-3FXElFPpgTE–
-OM78l88VUqo–

JP歌詞 「制服の羽根」

「制服の羽根」AKB48 チーム8 Youtube PV MV 動画視聴曲音源
シングル「希望的リフレイン」Type-Dに収録
「AKB48 Team 8 supported by TOYOTA」イメージソング
発売日:2014年11月26日
歌手:AKB48(Team 8)
作詞:秋元康
作曲:若田部誠
歌詞:
始業チャイムが(始業チャイムが)
響く直前(響く直前)
校庭走る君を窓から見てた
スカートの裾(スカートの裾)
風にひるがえす姿に
キュンとしてた

クラスの中で目立たない
おとなしい君だけど
僕だけは知ってる
誰よりも(誰よりも)
可愛いってこと

制服の羽根広げ
風に乗り飛んで来い
この手 伸ばして
僕が受け止めてあげる
遅刻なんかはさせない
ちゃんと授業に間に合う
君のためだったら
力貸すよ
願えば叶うもの
Fly!

だけどチャイムは(だけどチャイムは)
鳴ってしまった(鳴ってしまった)
万事休すで前の扉が開いた
そこにいたのは(そこにいたのは)
息を弾ませて微笑む
君だったよ

どんな魔法を使ったの?
瞬間の移動法
三階の教室へ
走っても(走っても)
5秒じゃ着かない

制服の羽根広げ
本当に飛んだのかな
そんな気がして
君の背中チェックした
恋をすると不思議な
夢を見ているようだ
何が起きようとも
黙っているよ
僕だけの秘密さ
Fly!

制服の羽根広げ
風に乗り飛んで来い
この手 伸ばして
僕が受け止めてあげる
遅刻なんかはさせない
ちゃんと授業に間に合う
君のためだったら
力貸すよ
願えば叶うもの
Fly!

 AKB48「チーム8」が25日、名古屋市内で行われたイベント『わんだほ感謝祭2014』に出演し、「47の素敵な街へ」(「心のプラカード」劇場盤に収録)に続くオリジナル楽曲第2弾「制服の羽根」を初披露した。今冬よりチーム8単独での全国ツアーコンサートが開催されることも発表。和歌山県代表・山本瑠香は「いままでも47都道府県を回る活動はしていますが、全国ツアーはいつものイベントとも気持ちも変わってくると思うし、率直にうれしいですし、気を引き締めて行きたい」と意気込みを語っていた。
 この日、タイヤをあしらった髪飾りが特徴的な新衣装で登場したチーム8のメンバー。「会いたかった」「ラブラドール・レトリバー」「Everyday、カチューシャ」(初披露)と、AKB48のヒット曲で会場がすっかり温まった中、鳥取県代表・中野郁海のMCを機に新曲のタイトルが発表され、「制服の羽根」が初披露された。「会いに行くアイドル」をコンセプトに結成されたチーム8らしい、フレッシュで、元気いっぱいの楽曲に、初めて聞いたはずの観客もノリノリ。
 終演後、中野は「初披露ではすごく緊張して、ちょっと失敗もしちゃったんですけど、みんなが本当に盛り上ってくれたのでとてもうれしかった」と感謝。楽曲については「片思いの歌で、好きな子を眺めてる子の気持ちが描かれてます。曲を聴いてるだけでドキドキしちゃいます。私は、『47の素敵な街へ』と同じくらいだーい好きな曲です!」とアピールしていた。
 「制服の羽根」はAKB48 Team 8 supported by TOYOTA のイメージソングとなっており、チーム8初のメンバー全員が参加した音楽ビデオとともに、AKB48の38枚目のニューシングル「希望的リフレイン」(11月26日発売)TypeDに収録される。

AKB48:
秋元康プロデュースのもと、2005年に始動した次世代型アイドルグループ。劇場に足を運べば毎日会える「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、秋葉原にある専用劇場(AKB48劇場)で、チームA、チームK、 チームB、チーム4が毎日ステージを行っている。楽曲はすべて秋元康が作詞を担当。2006年2月にシングル「桜の花びらたち」をインディーズからリリースし、いきなりオリコンウィークリーチャートでトップ10入りを果たす。同年10月にはシングル「会いたかった」でメジャーデビュー。2007年春には初の全国ツアーも開催されたほか、同年末のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。
2008年にはレーベルを移籍し、同年10月にシングル「大声ダイヤモンド」をリリース。チャート初登場3位を記録し、着実に人気を高めていく。2009年4月には、アイドリング!!!とのコラボユニット「AKBアイドリング!!!」として、シングル「チューしようぜ!」も発売。オリコンウィークリーチャート初登場2位にランクインし、話題を集めた。同年7月にはシングル曲の選抜メンバーを決定する選抜総選挙を、ファン投票により実施。8月には初の日本武道館公演も実現し、10月リリースの14thシングル「RIVER」は、初のオリコンウィークリーチャート1位を獲得した。
2010年には各チームのメンバー編成をシャッフル。同年2月の15thシングル「桜の栞」、4月のアルバム「神曲たち」も1位を記録し、それぞれ30万枚を超えるヒットとなった。さらに、5月発売の16thシングル「ポニーテールとシュシュ」、8月発売の17thシングル「ヘビーローテーション」はそれぞれ発売1週目に売り上げ50万枚を突破。横浜アリーナや代々木体育館での単独ライブのほか、9月には日本武道館で19thシングルに参加する選抜メンバーを決めるじゃんけん大会も行われ、大きな注目を集めた。10月リリースの18thシングル「Beginner」は発売初週に80万枚を超えるセールスを記録。2011年1月末までに売上100万枚を突破した。
2011年1月には初のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が公開。2月発売の20thシングル「桜の木になろう」、5月発売の21stシングル「Everyday、カチューシャ」はともにミリオンセールスを達成した。同年7月には西武ドームで初のスタジアム公演を行い、3日間で合計9万人の動員を記録。8月には第3回AKB48選抜総選挙での上位21名が歌う22ndシングル「フライングゲット」をリリースし、発売初日に100万枚を売り上げ話題を集めた。以後、10月に東日本大震災復興応援ソング「風は吹いている」、12月には第2回じゃんけん大会によって選出された選抜メンバーによるシングル「上からマリコ」を発表。ともにミリオンセールスを記録し、その結果2011年オリコン年間シングルチャートで1位から5位をAKB48が独占する結果となった。

AKB48 制服の羽根 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -