SixTONES&Snow Man 茜空 – 舞台「少年たち」劇中歌

茜空

JP歌詞

ストーンズ 新曲「茜空」
発売日:未定
作詞︰京本大我
作曲︰手越祐也

1965年に初演された「少年たち」シリーズの最新作で、ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を担当。友情、平和、夢をテーマにしたエンターテインメントショー。SixTONESのジェシー(20)は、「昨年よりもパワーアップして、“少年たち”らしいフレッシュな自分たちを見せたい。全力でいきます」と意気込んだ。日米ハーフだけに、「メンバーがいないと日本語がどんどん下手になる。毎日が“危機一髪”」とタイトルにからめた発言で、笑いを誘った。

最近では「Kis-My-Ft2」や「A.B.C-Z」「ジャニーズWEST」らが同舞台をきっかけにステップアップしていったが、今回はそんな先輩たちもくぐり抜けてきた、ほぼ裸の状態で桶を持って踊る「桶ダンス」のシーンに挑戦。同シーンは直前になって決まったそうで、Snow Manの岩本照は「みんなが急に体を鍛え始めましたね」と慌てるメンバーの様子をうれしそうに明かした。

劇中では、SixTONESの京本大我が作詞、NEWSの手越祐也が作曲を手がけた楽曲「茜空」も披露。京本は、手越も同曲のコーラスで参加しているといい「(完成まで)4ヶ月くらいかかりました。(手越からは)『やっと披露できるな。初日、頑張ってこい!』と言ってもらいました」と声を弾ませた。

今回、同劇場で4年ぶりにお風呂場で繰り広げる「桶ダンス」が復活するのが目玉のひとつ。Kis-My-Ft2、A.B.C-Zら先輩が行ってきた“伝統芸”だけに、SixTONESの松村北斗(21)は「先輩たちがやってきたシーンだったので、今回やれてうれしかった」と笑顔。Snow Manの渡辺翔太(23)も「こういうほっこりできるシーンがあると、より感動のシーンが生きると思う」と胸を張った。

公式の歌詞は発売後で公開します。
ありがとうございます!m( _ _ )m

akanesora

akanesora

SixTONES&Snow Man 茜空 – 舞台「少年たち」劇中歌 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -