aiko 未来を拾いに 歌詞

発売日:2015年4月29日
歌手:aiko
作詞:AIKO
作曲:AIKO
歌詞:
あなたに逢ったのはたしか 冬の真ん中あたり
季節外れの汗が首もとを隠れて流れた
全部全部が知りたいと無我夢中で話した
好きなもの嫌いなもの 心の端っこまで

その目の中がむこう向いた時 あたしはこっそりあなたを見る
10年先もそのまた先も一緒にいられたらいいのに

何事もなく楽しく過ぎて行く日々を つまらないと吐いたあの頃のあたしに
逢えたなら必ず言いたい 楽しい事
なんてこの世には死ぬほど沢山あるのよ
だから笑うのもっと笑って逢いに行こう

新しい袖を通す秋の夜中の下で
優しく指が入るだらしなくはねたその髪

いつも通りにこのドアを開けたら聞き慣れた閉まる音で始まる
先に行くから追いついてよねあそこの通りで待ってる

こうして手を繋いでいる事もいつか はしゃぐ時の中で忘れてしまうのかな
手の中にあるこれからのあなたへあたしへ
そんな日が来たら仕方ないなって抱きしめてね
少し不安で愛おしいよ これからもずっと

何事もなく楽しく過ぎて行く日々を つまらないと吐いたあの頃のあたしに
逢えたなら必ず言いたい 楽しい事
なんてこの世には死ぬほど沢山あるのよ
だから笑うのもっと笑って逢いに行こう
だから笑うのもっと笑って逢いに行こう

aiko 未来を拾いに 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -