レミオロメン – 3月9日

-SOIiGS2PT-E-

JP歌詞 – レミオロメン「3月9日」PV フル

「3月9日」レミオロメン PV視聴 MV 動画試聴歌詞付きLIVE 音源 youtube 音楽配信
人生に二度と無い青春時代のこの貴重な時を、
子供たちだけでなくそれを見守る大人たちも
その大切さを本当に魂で感じ子供たちと共に受け止めながら
人生の節目を心に刻み込むことができたらいいと思う。
3月9日に卒業式を迎える高校3年生の担任より。

TBS系「Pooh!」2004年度3月期エンディングテーマ
ドラマ「1リットルの涙」の挿入歌
ドラマ「音のない青空」挿入歌
PVには堀北真希、池田鉄洋が出演

実はこの曲は、卒業という意味で作られた曲ではない。
この曲の設定は、『結婚式』なのである。
レミオロメンのメンバー全員に共通する友人が結婚することになり
そこで作られた曲だということ。
私はこの3月9日が挿入歌として使われたドラマを見ていた。
そのドラマはタイトルの通り、とっても悲しいストーリー。
涙なくては見られない切ないドラマだったのだ。
そのイメージがあるので、てっきりこの曲は
別れ・・・そして旅立ちの歌だと思っていた^^;
確かに、結婚の歌だと言われて、歌詞をよく読んでみると
結婚する二人のことを言っているのか~と改めて意味を知った。
どちらにしても、この3月9日。
とてもいい曲だ。
毎年、3月9日はこの曲を聴きたいな♪

歌手:レミオロメン
作詞:藤巻亮太
作曲:藤巻亮太
歌詞:
流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます
せわしく過ぎる日々の中に
私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて
桜のつぼみは春へとつづきます

溢れ出す光の粒が
少しずつ朝を暖めます
大きなあくびをした後に
少し照れてるあなたの横で

新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい

砂ぼこり運ぶ つむじ風
洗濯物に絡まりますが
昼前の空の白い月は
なんだかきれいで 見とれました

上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げば それさえ小さくて

青い空は凛と澄んで
羊雲は静かに揺れる
花咲くを待つ喜びを
分かち合えるのであれば それは幸せ

この先も 隣で そっと微笑んで

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい

終わり~
皆さんの意味感想教えてくださいm(_ _)m!

レミオロメン – 3月9日 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -