椎名林檎 13 jours au Japon~2020日本の夏~

2020日本の夏

JP歌詞

椎名林檎 新曲 「13 jours au Japon ~2020日本の夏~」
発売日:2016年8月22日
歌手:椎名林檎
作詞:フランシス・レイ/日本語詞 椎名林檎
作曲:フランシス・レイ
歌詞:
Voilà pendant treize jours
そんな訳で十三日間
Au Japon on a fait le tour
日本中がお祭り騒ぎ
Du désordre et des passions
障害と情熱のなかで
De la disproportion
みんなキリテコ舞い
De notre temps qui court
ときは流れてゆくね

Voilà pendant treize jours
そんな訳で十三日間
Le Japon a fait son discours
日本中が語り尽くす
Sans oublier qu’en chansons
流行歌は忘れられて
Quel-ques soient les raisons
この特別な気分さえ
Cela finit toujours
瞬く間に失くなるね

祭りの宵は枝垂れ柳が
Le soir des festivités se termine
咲き乱れたらお仕舞よ
Avec le saule pleureur en fleurs…
膨れた蕾は何れ開いて
Tous les bourgeons épanouis
萎むのがつねと云うよ
Bientôt se faneront.
焚き付けられて熱く
Saisis par la passion
火照った僕らの体が
Nos corps brûlent d’ardeur
この夏を生きた証し
C’est la preuve que l’on aura vécu cet été

六日の菖蒲十日の菊か
Les iris du 6 ou les chrysanthèmes du 10
過ぎてからでは遅いよ
Ne servent a rien s’ils arrivent trop tard
再び還らぬ泡沫の日々
L’écume des jours disparait a jamais
いまが花ならわらえよ
Rions, profitons de ce moment ultime
駆り立てられて熱く
Poussés par la passion
零れた僕らの若さが
Nos corps moites débordent de jeunesse
この夏に生きた証し
C’est la preuve que l’on a vécu cet été

ツイッターのコメント
閉会式に椎名林檎が〜って話で国際的知名度が〜云々見るけど日本人アーティストとか誰でも国際的知名度なんてどっこいだから紅白の舞台で『日本の夏』を表現しきった林檎でええやん。

椎名林檎が、フランスの”サラヴァ・レーベル”の50周年記念盤に参加。
名曲「白い恋人たち(13 jours en France)」を「13 jours au Japon ~2020日本の夏~」としてリメイク。9/28(水)発売です。

2O2O日本の夏って歌詞に「祭の宵は枝垂れ柳が咲き乱れたら仕舞いよ」ってあるけどその後に締めで点けた線香花火みたいな音だな〜なんつって

無事閉会式が終わった記念に購入した(違)、林檎女史の『ジユーダム』と『2020日本の夏』。ガッテン視てないため、ちゃんと聴くのは今回が初めて。事変メンバーでの収録なのでワクワクする。ヒャダイン編曲のがとても可愛い。

五輪閉会式、まぁ安倍マリオは置いておくとして、中田ヤスタカが音楽(加えてPerfumeチームも)、椎名林檎が演出か…。いま日本の音楽文化を世界に発信するなら、こういう布陣になるのね。このタイミングで新曲「2020日本の夏」リリースを発表するあたり、林檎は東京五輪を担う気満々だな。


椎名林檎
シイナリンゴ
1978年生まれ、福岡県出身。1998年5月にシングル「幸福論」でメジャーデビュー。1999年に発表した1stアルバム「無罪モラトリアム」が160万枚、2000年リリースの2ndアルバム「勝訴ストリップ」が250万枚を超えるセールスを記録し、トップアーティストとしての地位を確立する。2004~2012年に東京事変のメンバーとしても活躍したほか、2007年公開の映画「さくらん」では音楽監督を務めるなど多角的に活躍。デビュー10周年を迎えた2008年11月には、さいたまスーパーアリーナにて3日間にわたる「(生)林檎博’0~10周年記念祭」を開催し大成功を収める。2009年3月には文化庁が主催する「平成20年度芸術選奨」大衆芸能部門の芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。2013年11月にデビュー15周年を記念してコラボレーションベストアルバム「浮き名」とライブベストアルバム「蜜月抄」を発表。同月に東京・Bunkamuraオーチャードホールにて合計5日間にわたってデビュー15周年ライブを開催した。2014年には、自身が他アーティストへ提供してきた11曲をセルフカバーしたコンセプトアルバム「逆輸入 ~港湾局~」を発表。大友良英や前山田健一など、全収録曲で異なるアレンジャーを起用し大きな注目を集めた。11月5日に椎名林檎名義では約5年半ぶりのオリジナルアルバム「日出処」をリリース。NHKサッカー放送のために書き下ろした「NIPPON」やNHK連続テレビ小節「カーネーション」主題歌の「カーネーション」、TBS系ドラマ「スマイル」主題歌の「ありあまる富」など、5年半のうちに手掛けてきた数々のタイアップソングを収録することでも話題を集めている。

2O2O

2O2O

椎名林檎 13 jours au Japon~2020日本の夏~ 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -