陰陽座 神鳴忍法帖

発売日:2014年9月24日発売
作詞:瞬火
作曲:瞬火

微温(ぬる)い丈の 疵(きず)に 泥を 塗り籠み
逝き損ねし 斎(いみ)を 瞼に 重ぬ

無数に 散らばる 摘み取りし 腫物(しゅもつ)に
憫(あわ)れびは 無く 只(ただ) そと 羨(とも)しびて

為合(しあ)うとても せざる 受け太刀 風(ふり) すら
構えの侭(まま) 絶える 音も 無く
屠(ほふ)る毎に 手馴(たな)る 血振(ちぶる)い 否(いや)む 故(から)
其の 手を 下ろして

振りかぶれば 落ちる 私は 神鳴(かみなり)
生きあぐねし 道が 亦(また) 血で 烟(けぶ)る

末魔の 的(ゆくは)は 瞑()ひしぐとも 逸らさぬ
突けば 竭(つ)く迄 只(ただ) 其の 灯火と

為合(しあ)うとても せざる 受け太刀 風(ふり) すら
構えの侭(まま) 絶える 音も 無く
屠(ほふ)る毎に 手馴(たな)る 血振(ちぶる)い 否(いや)む 故(から)
其の 手を 下ろして

此の 身空(みそら)が 打たれたい
尽きせぬ 修羅にて 独り笑む なれど

為敢(しあ)うとても 畢(おわ)ること無き 不離(ふり) 修羅(すら)
名乗る迄も 無いとしても 抑(そも) 名前は無い
動けば 無益な 毀傷(きしょう)が 痛い 故(から)
其の 儘(まま) 討たれて 棹立(さおだ)ち

陰陽座 神鳴忍法帖 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -