鏡五郎 – 清水の次郎長

鏡五郎 新曲「清水の次郎長」歌詞 PV視聴 MV 動画試聴

発売日:2012-11-07
作詞:古川ゆう子
作曲:今澤雅一
歌詞:

富士を背にして 清水を起てば
ひとり残した お蝶に詫びる
三保の松原 潮風吹けば
草鞋(わらじ)に砂の 駿河湾
時雨街道 旅すがた

(台詞)
「大政、仕度はいいか?
お蝶、船宿末廣(すえひろ) あとをたのむぞ…」

あれが清水の 次郎長一家
縞の合羽に 振り分け荷物
菅笠(すげがさ)深く 足並揃え
街道一の いい男
風に追われて 東海道

義理だ仁義と 世間を渡り
幕末維新 その名を残す
腰の長脇差(ながどす) 背中に廻し
富士の山麓 開墾へ
清水の次郎長 國づくり

鏡五郎 – 清水の次郎長 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -