遠藤舞 – MUJINA

作詞:津野米咲
作曲:津野米咲
歌詞:
取ってつけたような
朝日が昇る
白い手繋ぎ隠れようよ
一緒に

風が運んだ
微かな湿り
夏は嫌いだ
引き返してって冷めたふり

よく似てるね

同じ穴のMUJINAの恋は
いつもどこか
ぎりぎりで壊れかけてる
違うとこ見つけたら最期よ

夢に向かうあなたの顔が
いつもよりも
清々しいと寂しくなる
私だけ置いてかないでよ ねえ

取ってつけたような
朝日が昇る
白い手探す
ひとりぼっちはやだよ

光が君に
宿り始める
夏は嫌いだ
引き返してって願っても

叶わないね
同じ穴のMUJINAの恋は
いつもどこか
ひりひりと痛みかけてる
少しでも楽したら最期よ

夢に向かうあなたの顔が
いつもよりも
清々しいと寂しくなる
私だけ置いてかないでよ ねえ

同じ穴のMUJINAの恋は
いつもどこか
ぎりぎりで壊れかけてる
違うとこ見つけたら最期よ

旅戻りのあなたの顔が
いつかよりも
男らしくて寂しくなる
私たちよく似てたはずでしょ

思い出して

遠藤舞 – MUJINA 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -