遊助 – 檸檬 PV 歌詞付き

–605056–605056-

JP

JP


「檸檬」遊助 PV視聴 MV 動画試聴 歌詞付き
TBS系ドラマ『終電バイバイ』主題歌
発売日:2013年2月27日
lemon lyrics
遊助 – 檸檬感想 :
涙を拭いて、汗を振り絞って、
笑顔を見せて、困難の高いカベから出てきて、
最も重要な人々の笑顔を見ることは若者には一生の中に最大の重要なことです。
太陽のオレンジ色の輝きを持っているレモンは情熱的な青春の象徴だと思います。
サンシャインと活力は若者特有の物だと思います。
しかし、その時、美しいものがいっぱいあるが、
欲求不満、困難や挫折もたくさんあります。
それから、どんな困難があってもどんな任意のいじめがあっても、
必ず笑顔を見せて、涙を隠すことは必要なことだと思います。
青春の時代に、我々は切っても切れないパートナーのグループを持っていて、
両親と友達以外には非常に大切な人を持っています。そして、それにたいして眠れない夜になって、
困難とハードして、いつもこれは良いと美しいと思って、これは人生だと思うことがいっぱいあります。
歌で歌うような、若い時、涙と汗があり、
自分に対して最高重要なことに奮闘しなければならない要因があります。
それは生命の後味歌唱情熱の価値だと思います。
若者はうたで、
若い人達の闘争に属した歌です。レモンは、若さの象徴であって、
レモンの味は多分若者の排他的な味だと思います。
なぜなら、若者の活力と新鮮さだけに属している物を持っているの原因だと思います。
この歌は、ワーキンググループの歌手のコーラスで、友人のグループ感のある闘いを歌って、
しかも、真の青春に属す味を表しました。
レモンはレモンじゃないが、若者だ、奮闘だと思います。
レモンの味はレモンの味じゃないが、汗の味だ、成功の味だと思います。
青春は一首の歌だと、一首のレモンのような新鮮と活力を持つ歌だと思います。
それから、この曲は若者の戦歌です。
それは若者の特性を見て、若さには言及しないものの、
若々しい味でいっぱいあります。
若者にのみ属するシンボルを借用して若者を解釈して称賛します。
曲全体活力が満ちていて、
感動的な要素をいっぱい持って人々には耳でなくて意識的に流れる耳を傾ける心の歌です。
曲全体のメロデイーは非常に簡単で、若者のあいだに属する情熱ひとつだけを持ちます。
この歌は歌だけじゃなくて、若い人達の声です。
しかも、この奔放なメロデイーがまた一つのちょうどいい歌詞の解釈だと思います。
この困難色々ある青春時代には、
この自分の心を歌う曲を聞くと、
みんなの青春戦友は必ず嬉しくて奮闘すると思います。

遊助 – 檸檬 PV 歌詞付き 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -