近藤晃央 – らへん PV 歌詞付き

-WDgQJzC4FpA–

JP歌詞

JP歌詞

「らへん」近藤晃央 PV視聴 MV 動画試聴 歌詞付き
発売日:2013-05-15
作詞:近藤晃央
作曲:近藤晃央
唄:近藤晃央
歌詞:
近藤晃央 – らへん mv lyrics

近藤晃央 – らへんの感想:
ネットとも:
想いをひたすら「形」にしようとするけど、うまくいかない。
伝える勇気をひたすら何かに頼ってみるけど、うまくいかない。

それでも、蓄積された「想い」や「伝えたい」事が、
本当はこんなに美しいんだ、って。

最後まで見てくれた時に何か心に残るものがあれば嬉しいです。

監督は、清水康彦さんです。
2012年、MVA 最優秀監督賞・BEST DIRECTOR 受賞した方で、
RADWIMPS「DADA」、マキシマムザホルモン
「小さな君の手~maximum the hormon」など、
多くの映像作品を手掛けてらっしゃいます。(僕もこのMV大好き)
清水監督は愛のある変な人というか、
めちゃくちゃ面白い人で、
撮影もめちゃくちゃ楽しかったです(笑)
ぜひ沢山の人に見てもらえたら嬉しいし、
あなたの大切な人にもぜひ見せてあげてほしいなぁと思います。
感想コメントもぜひお待ちしております(・ω・)/

明日は川崎、行きますね♪楽しみにしてます。
想いを綴ろうと手紙を何度も書き直して投げ、
ホームランを打とうと何度もバットを振り、
ダーツを何度も命中させようと力を込めた
近藤さんの肩に負けないよう、明日は手拍子します!
一生懸命歌う人を、一生懸命聴きます。
MV、プロセスの大切さを感じます。積み上げる経過は無駄じゃないんですね。
色合いも温かく、らへんの温もりらしくて良いですよ。
キャンペーン続きますが、オカラダ、ノド、お大事に☆

AXでのLIVE行きました!大人数のバックバンドを従えての『テテ』はカッコ良さに厚みがありましたね!

僕が密かに応援してるアマチュアのアーティストが晃央さんの曲を聴いてくれたみたいで、僕がTwitterでRTした『らへん』の歌詞をTLで見てくれたのか、その人もRTしてくれて、晃央さんのアカウントもフォローしてくれてました。

僕が好きな晃央さんの音楽が、僕の周りの人や、僕が応援している他のアーティストにも「良い!」といってもらえることは、自分のように嬉しいです!

『らへん』、地道にラジオでリクエストしていきます☆

2012年9月19日にシングル『フルール』でデビューし、
2ndシングル『テテ』
(12月5日発売)が大人気TVアニメ「宇宙兄弟」のエンディングテーマに抜擢され話題を呼ぶ一方、
TOHOシネマズ初の試みとなる企画「TOHOシネマズメッセンジャー」にも昨年9月より大抜擢され、
映画館と音楽を繋ぐ架け橋として、
全国TOHOシネマズの全映画の上映前に放映されるショートムービーの主演や楽曲提供を通して活動中の、
今最も注目を浴びるシンガーソングライター
近藤晃央(あきひさ)の3rdシングル『らへん』のミュージックビデオ(short ver.)が動画サイトでついに公開された!
同作品は、数々のビッグアーティストのMVや、
トップブランドのCMを斬新なアイデアや手法で手掛けてきた清水康彦監督がつくっており、
この『らへん』でも様々なギミックが施されている。
気になる内容だが、近藤晃央が出演し、様々なことにトライをしていく姿と、
歌っている姿を中心に、構成されている。
本人は「何度もいろいろなシーンを撮ったので、
撮影日の2日後に筋肉痛が来ました(笑)」と、
思わせぶりなコメントを残しているが、楽曲に込められた、
自分以外の誰かを大切に思うという気持ちが、少し曖昧なものから、
徐々に後半になるにつれ強い気持ちや確信へと変わっていく、
心情の起伏を見事にギミックで表現しており、見終わった後には、
心温かい気持ちにさせてくれるだろう。ぜひまずはその目で見てほしい。

「らへん」のMV凄く良いですね。丸めては捨てていた紙の色のは、
浮かんでは消える多彩な言の葉の暗示でしょうか…
どこか懐かしいのに新鮮で、忘れていた大切な感情を蘇らせてもれえます。
花占い、そんな素朴さこそ、晃央さん自身だと思いました。
大切にしてきた「らへん」が再び音源になり、このような素敵なMVと共に沢山の人に届けられる事、素晴らしいですね。
「ありがとう」がいつまでも変わらず儀式(セレモニー)になりませんように。

ライブ行きたかったのですが、
当たらなかったのでパソコンで見ました!
バンドでのライブを見るのは初めて
だったので、ものすごく感動しました!
近藤バンド素敵ですね(*^^*)

ニコ生のタイムシフトをかけていたので
ライブが終わったあと3時間くらいずっと
晃央さんのライブを見てました(笑)

CMと3rdシングル決定おめでとうございます!
大好きならへんが次のシングルだなんて…
聞いた瞬間嬉しくて泣きそうでした!
今からねぎまの日が待ち遠しいですっ♪

今月は名古屋と大阪のライブに参戦するので
晃央さんの生歌を聴けるのを楽しみにしています!

昨日はいっぱいのたっぷりの感動をありがとうございました♡
近藤さんがでてきて、「君が好きでさ~」って歌い始めたとたん、
嬉しすぎて涙が出ちゃいました( ; ; )
わ~っ(*>ω<*)!ってなりました!

MCはあきっさワールドでしたね笑
サインも握手も私の宝物デス♫
『らへん』は、youtubeで聞いたことがあったので、知ってました!
この曲が3rdシングルなんて嬉しすぎます♡楽しみにしてますね!

最近幸せってなんだろうって考えることがよくありますが、昨日はこれが幸せだなーって感じることができました(*^_^*)
ありがとうございました♡

24日もドキドキ♡

シンガーソングライター近藤晃央の3rdシングル「らへん」は、「疲れたから会わないんじゃなくて疲れたから会いたい」と想い、君にとっての「そこらへん」と、僕にとっての「ここらへん」が1つでありたいと願う、最愛の人との日常や愛情、繋がりを近藤晃央独自の視点で綴った、現代における究極のラブソング。
プロデュースには椎名林檎、平井堅など数多くのアーティストを手掛ける亀田誠治氏を迎え、ここに居るような臨場感溢れるアコギと唄に、壮大かつ重厚なストリングスやピアノが1つになった、真摯で壮大なバラードが完成。「唄」と「言葉」を余す事なく、聴く者のこころに届けます。
c/w「3度目の告白」は、「好き」という一言を伝えるために、幾つも言葉を重ねてしまいながらも伝えようとする、不器用ながらも真っ直ぐな想いを乗せたラブソング。プロデュースには前作「テテ」を手掛けた江口亮氏を迎え、切なくもポップなバンドサウンドに仕上がっています。初回生産限定盤M-3には「らへん」アコースティックverを収録。
近藤晃央の共通性を独自性で伝えるというスタイルを確信、確立させる究極の3rdシングル!必聴です!

その他のコンテンツ:
シンガー・ソングライターの近藤晃央が2月11日、
SHIBUYA-AXにて開催された“バレンタイン・スペシャルライブ‘13 supported by Ghana”にて、
3枚目となるシングル「らへん」を5月15日にリリースすることを発表した。
2013年第1弾となる同曲は、すでにライブ・イベントなどでも披露されており、そのたびに会場で涙するファンが急増していた話題の楽曲。「疲れたから会わないんじゃなくて、疲れたから会いたい」、君にとっての「そこらへん」と、僕にとっての「ここらへん」がひとつでありたいと願う、最愛の人との日常や愛情や繋がりを独自の視点で綴った究極のラブソングとなっている。
プロデュースには椎名林檎、平井堅など数多くのアーティストを手がける亀田誠治を迎え、「臨場感あふれるアコースティック・ギターと唄」「心に優しく響くピアノ」「壮大かつ重厚なストリングス」がひとつになった壮大なバラードに仕上がっている。
カップリング曲の「3度目の告白」は、「好き」という一言を伝えるために、幾つも言葉を重ねてしまいながらも伝えようとする、不器用ながらも真っ直ぐな想いを乗せたラブソング。プロデュースには前作「テテ」を手がけた江口 亮を迎え、せつなくもポップなバンド・サウンドに仕上がった。また、初回生産限定盤のM-3には「らへん」アコースティックver.が収録される。
リリース情報

3rdシングル「らへん」

2013年5月15日(水)発売、着うたR、iTunesなど先行配信中!

初回生産限定盤(CD) DFCL-2000/\1,200(税込)

通常盤(CD) DFCL-2001/\1,000(税込)

<CD収録曲>

1.「らへん」

2.「3度目の告白」

3.「らへん -アコースティックver」※初回生産限定盤のみ収録

<封入特典>

オリジナル恋愛「らへん」おみくじ(全5種のうち1種ランダム封入)※初回生産限定盤、通常盤(初回プレス分のみ)

近藤晃央 – らへん PV 歌詞付き 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -