絢香 幻想曲 歌詞

-Q6Z0Z_tmeVk–

作詞:絢香
作曲:絢香

きみにあいたい あと何度でも
永遠はあると信じたくて
でも ぬくもりがいつか無くなり
思い出に変わる日が来るのきみが笑う
そのたびに優しくなれる たしかに いま感じる
そっと抱きしめ いまを刻んで 夢みた世界に
きみを連れ出す 悲しみに包まれるときは
きっと思い出す なにげない いまを

季節はめぐり あの日にはもう
二度と戻れないと思うだけで
この一瞬が とても儚く とても愛おしく感じるの
失うこと 目を逸らしたくなるけれど たしかに いま感じる
さよならの唄 うたうときには
とびきりの笑顔でいたいよ そんなこと考えていたら
きみがまた笑った 涙こぼれる

そっと抱きしめ いまを刻んで
夢みた世界に きみを連れ出す
いつまでもずっと 色褪せないように
伝えたい いま ありがとう

絢香 幻想曲 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -