筋肉少女帯 霊媒少女キャリー

発売日:2014年10月07日発売
作詞:大槻ケンヂ
作曲:橘高文彦

アメリカではその昔
心霊主義が大流行(おおはやり)
降霊会に霊媒師
人気者は 少女キャリー

『ハイズヴィルのフォックス姉妹事件に端を発した心霊主義は、
瞬く間に全土へ広がりました。
死者と今もつながることが出来るというその思想は、
大戦で愛するものを亡くした人々の心を魅了したのです』

戦争で亡くなった
親や子や友 ましてや
恋人の 魂に
会いたくて集う人ら

『しかし霊媒の多くはちゃちな手を使う詐欺師たちでした。
でも人々は信じました。信じたかったから。
ある若い男などは、死んだ恋人に闇の中で手を握られたと信じました。
それは恋人にしてはおどおどと、ちょっと照れたような手だったけれど』

ペテン師や 手品師が
トリックで あざむいてた
手を握り だますのは
16の少女キャリー

「あなたの恋人は 死んでも今も あなたを愛しているの」と、全部ウソ

あぁ 漂うよ地上
空ははるかで
人の行く果てなんて
あぁ キャリーはわかんない
あぁ 落ちる涙よ
握る手濡らせ
だけど あぁ少女は
恋を知らない
朝が来たらさまよう
次の恋人 どこの町

科学者も ドイルさえ
トリックで あざむかれた
手を握り だますのは
16の少女キャリー

「あなたの恋人は 死んでも今も あなたを愛しているの」と、またもウソ

あぁ 夜にまぎれて
どこまで逃げよう
人の行く果てなんて
あぁ キャリーはわからない
あぁ 落ちる涙よ
握る手濡らせ
だけど あぁ少女は
恋を知らない

霊媒師の少女キャリー
詐欺の罪で捕まった
あの夜の若い男は
少女をうらんでいないと言う

筋肉少女帯 霊媒少女キャリー 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -