石田三成(竹本英史) 在りし日よ常しえに 歌詞

発売日:2015年3月18日
歌手:石田三成(竹本英史)
作詞:宮原康平
作曲:堀内ユウ
歌詞:
風吹いて 流るる 刻(とき)の調べ
かがり火ゆらめく野原は 夢の跡

この懐(むね)は 千代なる忠義 抱く
例え 常世への橋 渡ろうとも

ただひとつの陽が 真っ直ぐに照らせば
仰ぎ見るはひとつ 泰平の世のみ求む

我が人生 奉った
上(かみ)の元へ果て行こう
志 分け合う同胞(はらから)に
背を向けたとて

我が信念 不変也と
風と共に果て行こう
揺るぎ得ぬ 心は
未だ 息吐きつ

刻(とき)は過ぎ さりとて 忠誠(こころ)失せぬ
真実(まこと)の随まで信ずる 御主らが

この懐(むね)に伝えし 忠義の剣舞
例え 雷鳴が身を危ぶむとも

不功(ぶこう)な己(おのれ)の 背に刻んだ魂(たま)を
信じ慕う者よ 言い尽くせぬ謝を唄に

我が人生 共に生きた
その命(みこと)に手向けよう
拙きはこの力 それでも
唯 進み行く

散りゆけば その先には
桃源広がったとて
忘れ得ぬ 永遠(くおん)に
刻まれた思い

我が人生 奉るべき
上(かみ)の元へ果て行こう
折れし角 何人(なんぴと)が
拾(ひら)ってくれるとしても

我が信念 不変也と
かがり火 永久(とわ)に灯れよ
瞼 綴じゆく
最期の願い

石田三成(竹本英史) 在りし日よ常しえに 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -