真田弦一郎(楠大典) 人生(ボール)の行方

歌手:真田弦一郎(楠大典)
作詞:桑原永江
作曲:黒川陽介

最後の最後に 生き様 歪めてなお
求め続け つかんだものを 確かめた
瞼(まぶた)を 睫(まつげ)を 焦がして こみ上げてる
昂(たかぶ)る思いの名前は
今は まだ言えない

見上げればにじむ 空は それでも青く
志半ば いざ 励めと叱る

約束も矜持(プライド)も もう 違(たが)えぬよう
己を鍛え 己に克って 一瞬もたゆまずに
頑迷と謗(そし)るがいい もう 俺は退かぬ
一点の曇りさえない輝き ひたすら追ってゆく

時行き 時過ぎ 残った今日の記録(スコア)
誇らしく語れるように
熱い 日々を刻む

限界は目標(ゆめ)を 捨てた地点のことだ
天照らす者よ ただ見守りたまえ
――超えてゆく!

喉元押さえて 歯噛みし耐えても
かすかに漏れ落ちた 濡れた息
二度目は 許さじと
胸に深く 奥に深く沈めて

栄光の頂点の その先に届く
真実(ほんと)の強さ 真実(ほんと)の高み 命が尽きるまで
人生は打ち直し あぁ 出来ぬボール
したたかに振り抜いて その行方を
果てなく追いかける

真田弦一郎(楠大典) 人生(ボール)の行方 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -