浪川大輔 Recollection 歌詞

作詞:森月キャス
作曲:Orito

ねぇ憶えてるかな
そっと瞳閉じれば
今も鮮やか青い夏のこと

きっと永遠よりも
ずっと永く感じた
5分足らずの帰り道だった

黙って伏し目がちな君も
驚いて見開いた瞳も
色んな表情見つけたくて
僕ばかりしゃべっていた

ふいに触れた手と手が
呼吸を加速させる
指先をつかまえて
繋ぐだけでよかったのに

またねって呟いて
足早に駆けていく
君をただ見つめてた
小さくなる背中を ずっと

そう出逢いはいつも
きっと時の悪戯
偶然君と再会するなんて

そっと面影の中
ちょっと大人びていた
見違えるより見惚れてしまった

変わってしまう季節の中
色褪せない想い出がある
髪をかきあげるその癖が
あの頃と同じだった

ふいに触れた手と手の
ぬくもりが甦る
追い駆けて呼び止めて
好きだって言いたかったのに

振り向いて一度だけ
照れながら微笑んだ
君がただ眩しくて
何も言えないままで ずっと

悔やんでもまだ悔やみきれない
切ない記憶は
正しい未来を選ぶ羅針盤
そうだろ?

見つめ合う眼差しが
記憶を呼び覚ます
指先をつかまえて
繋ぎたいよ 今更でも

今触れ合う手と手が
二人を熱くさせる
それだけで このままで
何も言わなくていい ずっと

浪川大輔 Recollection 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -