氷川きよし – 湯ヶ島慕情

湯ヶ島慕情
氷川きよし
発売日:2012-11-21
作詞:石原信一
作曲:宮下健治
歌詞:

むかし踊り子 歩いた道は
杉の木立の つづら折り
ああ 目に浮かぶ
白いうなじと 簪(かんざし)が
天城湯ヶ島 あの日の出逢い
恋のいで湯に 雨が降る

揺れてほのかに 明かりをともす
川の蛍は きみなのか
ああ 待ちますと
肩をふるわせ 背を向けた
伊豆の夜空に 月影蒼く
噂たずねて 酔うばかり

この手届かぬ 谷間の百合は
呼んで帰らぬ 初恋か
ああ 美しく
咲いた女(ひと)ゆえ 儚くて
天城峠に 風吹き渡り
時の流れに 夢が舞う

氷川きよし – 湯ヶ島慕情 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -