槇原敬之 鋭く尖った細い月

発売日:2015年2月11日
歌手:槇原敬之
作詞:Noriyuki Makihara
作曲:Noriyuki Makihara

なんでも必死にやってきた
かたっぱしから飛びついた
やって良い事と悪い事
そうやって学んだ10代
今よりもずっと若くて
その名の通り向こう見ずで
怖いものを知るまでずっと
怖いもの知らずだった

だいたい何がダメな事で
一体何が良い事か
ノートに書き写すだけじゃ
分からないだろう?

あの夜鍵がかかった
プールに忍び込んで
着てるもの全部脱いで
火照る体冷やしたっけ
声も出さず音も立てず
水に濡れながら見た夜空に
猫の爪みたいな月が
やけに綺麗だった事を
君も覚えてるだろ?

こんなにも過去は鮮やかに
確かなものとしてそこにある
だけど僕はやっぱりずっと
不確かな今が好きだ
まだ何も決まってない
どこへ向かうかも分からない
分からない分希望を
捨てなくても良い

その都度何がダメな事で
一体何が良い事か
本当の事衝撃と共に
わかっていくんだ

あの夜鍵がかかった
プールに忍び込んで
着てるもの全部脱いで
息を殺し泳いだっけ
気づいた見回りのライト
あわてて濡れたまま服を着て
フェンスを乗り越えて逃げた
その場所は二度と
僕らが行かない場所

だいたい何がダメな事で
一体何が良い事か
ノートに書き写すだけじゃ
分からないだろう?

あの夜鍵がかかった
プールに忍び込んで
着てるもの全部脱いで
火照る体冷やしたっけ
声も出さず音も立てず
水に濡れながら見た夜空に
猫の爪みたいな月が
やけに綺麗だった事を
君も覚えてるだろ?

細く鋭く尖った
僕らのような月を

槇原敬之 鋭く尖った細い月 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -