柴田淳 白い鎖

作詞:柴田淳
作曲:柴田淳

気怠い顔は目を合わせない
知らない君が目の前に居る
外は吹雪いている 部屋はどこ吹く風
きっと私もここに居ない

生温い空気を吐き出すように
ドアを開けて君が見送る
多分もう会えない このドアは開かない
冷めた笑顔に「またね。」と言った

吹き荒れる空 何も見えない心
空しささえも 凍えて 涙も出ない
乱れゆくのは 君が撫でていた髪
私が昨日愛した君に もう一度会いたい

後悔なんてしてはいけない
君のことは私も同じ
何も求めていない 何も変わりはしない
ずっとこのまま わかってるわ

錆び付いて剥がれそうな記憶は
誰も知らない ふたりの秘密
時は過ぎて行った 君も捨てて行った
きっと私が消したら終わり

見つけてくれた その瞳を信じて
君にあげたの 温もり その手に少し
ねぇどうして?と 一度だけ聞いていい?
私が昨日愛した君に もう一度会わせて

ひとり帰るの その君の孤独から
鎖のように繋がる足跡 残し
また出逢えたら 一つだけ聞いていい?
嘘でも思い出して 君に愛された私を

柴田淳 白い鎖 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -