松下唯 – Shooting Star PV 歌詞付き

-7iW0LuLZMy8-

JP歌詞

JP歌詞

「Shooting Star」松下唯 PV視聴 MV 動画試聴 歌詞付き
発売日:2013年05月22日
作詞:myca
作曲:83
唄:松下唯
歌詞:
空に描く未来への道 たどる日々に彷徨う君の姿
どんな広い宇宙の果てでも 探し出してみせるから

いつまでも寂しげに蒼く深く
光る君の元へ

今流れゆく流星よ 僕らの未来照らせ
この夢が叶う日まで 光続けて
君と僕とが出会うため 目を閉じ唱える願いを
一筋の光で放て

迷い歩く静まる月夜 君を想う心が流す涙
沈む光見えない希望 ただ一つ強く願った

天高く飛ばせば届くはずさ
君への想い今

夜空に込めたこの想い 二人の願い乗せて
今遥か遠い未来見えた気がした 君の右手を繋ぎ止め
叶えられずいた誓いを
一筋の輝きで放て

そばにいた温もりさえ
まだ忘れられずにいる
きみを今すぐそっと
抱きしめるから

夜空に込めたこの想い 二人の願い乗せて
今遥か遠い未来見つけた

今流れゆく流星よ 僕らの未来照らせ
この夢が叶うときを辿って 君と僕とが出会うため
目を閉じ唱える願いを
一筋の光で放て
終わり~

松下唯 – Shooting Star の感想:
ネットとも:
推しというほどでもなかったけど、ゆいみんは好きだな
あの歌声は心に来る
いまだに誰が歌っている万華鏡を聞いても涙が出てくる
松下はSKE48の第1期生として2008年より活動を開始したが、
両足首の離脱性骨軟骨炎を治療するため2010年から活動を休止。
長期間のリハビリが必要であり、完治したとしても元のように踊れる可能性が少ないということで、
2011年にグループを卒業していた。
その後、彼女はリハビリを行いながら名古屋を中心に芸能活動を続行。
もともと歌手志望だったこともあり、ライブ出演など地道な音楽活動を続けていた。
松下は自身のブログで「念願のソロデビューがこんなに早く決まって言葉にならないくらい嬉しいです!!
私は小さい頃から歌うことが大好きで、歌手になるのが夢でした。
大人になってからはアニソン歌手になりたい!
という目標もできて地道にライブハウスやイベントなどで歌ってきました。
ここまでこれたのも今まで支えてくださったファンの方々、
関係者の皆様のおかげです。本当にありがとうございます!」と感謝をつづった。

元SKE48チームS松下唯

足のケガのため、2011年9月にSKE48を卒業・・・。
ゆいみんに興味をもったのは・・・
しゃわこがSKE48に入ろうとしたきっかけが、

声優を目指しながらSKE48メンバーとして活躍してたゆいみんだったことや、

神公演S2nd「手をつなぎながら」の「Innocence」の素晴らしい歌唱に魅かれたところで・・・

SKE48歴代で一番歌が上手かったのはゆいみんと言っても過言ではない!

現在は、名古屋から東京に引っ越しして芸能活動をしています。
そのゆいみんが、ソロデビュー♪
5月22日発売「Shooting star」
(「さよならクロール」と同日発売やん・・・)
その予約会が深川ギャザリアで開催され、行ってきました。
ゆいみん、18時からレインボータウンFMのラジオに出演していて、
ラジオ終了後にイベント開催だったのですが、
武道館に長居しすぎてしまったため、
ラジオの終了近い時間に現地到着。
ラジオの最初からいたというまるほんさんと合流。
ラジオが終わってさっそくイベント開始。
イベントに集まったヲタさんは、20~30人くらい・・・。
女性のヲタさんは一人だけでした・・・。

SKEコンサのMCをメアリーにするとか
飛び入りでゆいみんに1曲歌わせると
卒業生を大事にしてやれよ

ゆいみんとうとう本格的に活動だね
SKE最後の個別握手会に行ったときに
また会えるようにサヨナラは言わないよって
言った約束が守れそう。
ゆいみんがいろんなイベントに出てたのは
知ってたから行きたかったんだけど
なかなか行けなくてごめんね。
今回はしっかりと行くよ。
東京と横浜かな。
会ったときに思い出してもらえると
うれしいかも。
しっかしきれいなお姉さんになられまして。
何よりです。
歌のお姉さんって感じだよね。

初松下唯でした。
松下唯は劇場ラスト公演はDMMで観たものの、ほぼ晩年の沖田総司とか
幸村精市みたいなもんなのでキモチ的に勝手がわからない中での参戦でした。
何はともあれ5/22デビューおめでとうございます。
はい、まだデビュー前ってことで今日は予約イベントでした。
全開な衣裳で2曲を披露。
音のセッティングが客席の手拍子とか声とかの分まで考慮されてなかったっ
ぽくて、結構かき消されたり、ペラペラしてたりしたけど、その分ゆいみんの
(ゆいみんとか初めて使ったけど)声が如実に聴けてそれはそれでありか。
1曲目のシューティングスターより2曲目のリゲルのが唄えてたかな?
曲の好みもこっちだった。
今日このあと19時から新宿のタワレコでもイベントあります。観覧無料です。

「あ~っ!、サイン間違えたぁ~!」って言われた…

\(^o^)/レア

松下唯「Shooting Star」発売記念スペシャルイベン
はい、渋谷のタワレコイベントに行ってきましたー(^O^)/

本当は新宿もこのまま行くつもりだったのですが、所用があり帰らなくてはならなくなったので、今帰路に着いています。

初めて、唯みんの歌声を聴いた時(手つなDVD)、すでに休養期間に入っていました。

そして、卒業。

いつか、生であの歌声を…。

今日、叶いました。

会場には200人には到達しないかな?170~180人ほどでしょうか?集まっていました。

登場した瞬間から、嬉しさのあまり涙が出そうになりました。

変わらず、素敵な歌声でした。

可愛さは以前より増していたように思います。

聴き惚れていました。フリ一緒にするのも、手拍子すら途中忘れてしまうくらい。

素晴らしく良かったです。

そして、表題曲・カップリング曲の2曲を歌い終わって(全く情報を仕入れずにあえて行ってみましたが、どちらも僕は好きな歌です)、サイン会へ。

この時がね、スタッフさんがよろしくなかったです。無計画すぎたのと、思ったよりも列が長くなりすぎたのか、売り場だけでは並びきれなくなったんですよ。レジの邪魔になったりしちゃいまして。

なので、ある程度の位置で区切って、その先を階段の方へ移動。

ここまではまぁ仕方ないんですけど。その区切られた先頭の方が列の一番後ろになってしまうという誘導の仕方。おいおい。僕もそこから3番目くらいの位置だったので、ずっと後方になってしまいましたよね(T_T)

何人かの方が、おかしいということをスタッフの方へ言いに行きましたが、何も変わらず。

そこだけが非常に残念でした。

サイン会では、かなりテンパりました。何話したか覚えてないくらいです(^_^;)

「今日はありがとうございます」

ありがとうございました。
ずっと生で歌声聴きたくて。

「本当ですか!?」

今日やっと叶って、震えるほど良かったです。

「わー嬉しいです」

泣くのも我慢したくらい、本当に素晴らしくて。
ありがとうございます。

「すごい。最高の褒め言葉です」

ここまで頑張ってきてくれて、本当にありがとうございます。

「いやいや、そんな。ありがとうございます」

今日の新宿は行けなくなってしまったんですけど、
もし都合が合えば秋葉原行きますね。

「あっ、ありがとうございます!ぜひぜひ、またよろしくお願いします」

サインの入った、アナザージャケットを手渡されて、

「今日は、本当にありがとう。これからもよろしくお願いします」

本当にありがとうございました。

と、こんな感じだったかな?と。少し抜けていたりしています。ありがとうございます。ってめっさ言った記憶があります(笑)サインしながらだから、かなり長めにお話しできますね。

基本的に終了の合図みたいのはあるんですけど、はがしがあるわけじゃないので、精神的に強ければもっともっと長くお話が出来ると思います。

さて、いただいたもの。

そして、最後は終了するまで待って、お見送りさせていただきました。

ちゃんと最後、目線を合わせて頂いて、嬉しかったです。

余韻に浸りながら、帰ってきました。帰り電車で酔いましたけどね(笑)

秋葉原行くと触れていますが、本当に仕事の都合さえ大丈夫なら行きます。
いや、秋葉原でのイベントは写メとれるんですよね。
素敵な楽曲、素敵な歌声。そして、素晴らしい対応でした。

ここまで来てくれた感謝の気持ち。SKE卒業メンバーだから、という気持ちが大きく存在しました。

でも、秋葉原に行くとき、それは関係なく、松下唯というアーテイストを応援する気持ちで参加することになると思います。

余談ですが、唯みんは「ありがとうございます」のイントネーションが、玲奈と一緒ですね。

5/3 松下唯「Shooting Star」発売記念 予約会イベント@渋谷

そのゆいみんのソロデビューシングル「Shooting Star」の

インストアイベントが渋谷のタワーレコードであったので行ってきました。

14時、イベントスペースにゆいみんが登場。

まずはミニライブでタイトル曲を披露します。

とその前に、サビの部分の手の振付を出来る人は一緒にやって下さい

とのことで、ゆいみんによる振付口座の開催です。

しかし、右手の指先を右に左に素早くシャシャシャシャっと動かし

最後にピョンっと跳ねるさせるその振りは、初見でコピーするのは

なかなか難しく

「…最悪”ピョン”だけでもマネして頂ければ」

と、一気にハードルが下がりました

さて、「Shooting Star」はポップかつクールな曲調でありながら

どことなくメロウな雰囲気を漂わせ、そこに彼女の

パワフルな歌声が乗ると「Innocence」を初めて聴いた時の

驚きが蘇り・・・って、さっきから私は何を言ってるんでしょうか?←

続いて、ゆいみん自身が作詞を手掛けたという、カップリングの

「Rigel」も披露。こちらも良曲。

イベントの最後には、「サイン&握手会」がありました。

CDのアザージャケットにゆいみんがサインと日付を入れてくれ、

握手という流れです。

彼女との握手は、幕張でのAKB48「フライングゲット」の時ぶりです。

「おととしの9月の個別以来ですね」

「もうそんなになります?」

「ゆいみんのソロの歌声を聴くのが夢だったんですけど

こんなに早く叶うとは…」

「お~!ありがとうございます!!」

「東京暮らしには慣れました?」

「慣れました!」

「地下鉄は乗りこなしてます?」

「はい!・・・いや、行先表示がないと」

と、フレンドリーな性格はそのまんまな感じで
嬉しかったですね。

この先、東名阪でソロのライブも行うという話もあったし

これからも頑張ってほしいです。

皆さんの感想教えてください( ^_^ )

松下唯 – Shooting Star PV 歌詞付き 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -