桑田佳祐 悪戯されて

悪戯されて

桑田佳祐 新曲「悪戯されて」歌詞
歌手:桑田佳祐
作詞:桑田佳祐
作曲:桑田佳祐
歌詞:
夜の街角で 酔って口づけた
通り雨に濡れた肩を抱き
煙草の薫りと 溜め息からめて
囁いた愛の言葉

忘れない あの時よ
帰らない あの夜
かりそめの恋だとは
知らないで抱かれてた

「逢いたくなったら すぐおいで」
指先ひとつで 身悶えして

青山あたりで 歩き疲れたら
『ラジオ・バー』でお酒呑みながら
柳の細道 ドアを開けた瞬間(とき)
心に沁むジャズのメロディ

もう二度と 離さない
すがりつく 背中に
痛いほど 爪を立て
この街は夏疾風(なつはやて)

私の心に火をつけた
イケない遊びと 悪戯な瞳(め)

夜の街角で 酔って口づけた
通り雨に濡れた肩を抱き
さよなら恋人 また逢える日まで
燃え尽きた愛のカタチ

外苑並木の 銀杏(いちょう)が色づき
ビルの谷間に秋が訪れ
すれ違う人が あなたに似ている
振り返れば姿哀しい
見果てぬような恋の幻想(ゆめ)よ

悪戯されて 桑田佳祐

悪戯されて 桑田佳祐

歌詞出典:
ROMAJI
Yoru no machikado de yotte kuchi zuke ta
tōriame ni nure ta kata o idaki
tabako no kaori to tameiki karame te
sasayai ta ai no kotoba

wasure nai ano toki yo
kaera nai ano yoru
kari so me no koi da to wa
shira nai de idakarete ta
ai taku nattara sugu oide
yubisaki hitotsu de mimodae shi te

aoyama atari de arukitsukare tara
‘rajio. bā’ de o sakenomi nagara
yanagi no hosomichi doa o ake ta shunkan ( toki )

kokoro ni shimu jazu no merodi
mō nidoto hanasa nai sugaritsuku senaka ni
itai hodo tsume o tate
kono machi wa natsu shippū ( natsu wa ya te )
watashi no kokoro ni hi o tsuke ta
ike nai asobi to itazura ( itazura ) na hitomi ( me )

yoru no machikado de yotte kuchi zuke ta
tōriame ni nure ta kata o idaki
sayonara koibito mata aeru hi made
moetsuki ta ai no katachi

gaien namiki no ichō ( ichō ) ga iroduki
biru no tanima ni aki ga otozure
surechigau hito ga anata ni ni te iru
furikaere ba sugata kanashii
mihate nu yō na koi no gensō ( yume ) yo

桑田佳祐 新曲「悪戯されて」の情報/コメント/感想
8月26日(金)23:00よりフジテレビ系にて、桑田佳祐が出演する特別番組「桑田佳祐『偉大なる歌謡曲に感謝 ~東京の唄~』」が放送される。
桑田が日本の歌謡史に残る名曲の中から「東京」を題材にした曲だけを集め、歌唱するこの番組。6月にWOWOWで初放送された際に大きな話題となり、急遽地上波でのオンエアが決定した。番組では桑田の新曲「悪戯されて」も披露される。

ツイッターのコメント
来週の夜の11時よりフジテレビにて桑田さんが歌謡曲を歌う「偉大なる歌謡曲に感謝〜東京の唄〜」が放送されます!!! みなさん!見てください! 新曲の「悪戯されて」はカットされない模様です(^^)

桑田さんのシングル『ヨシ子さん』の一連の楽曲もいいど、それよりもWOWOWで演奏された『悪戯されて』が一番好きです。僕ってばどうしようもなく歌謡曲好き… サザン/桑田さんの既存曲で言うと『SOUDADE~真冬の蜃気楼~』に近い気が。当然の帰結ww

選曲が「東京の唄」であることもこの番組のポイントだ。歌謡曲において“東京”を題材にした曲は数多く存在するが、全国から人が集まり、感情や人間模様がとりわけ濃密にうずまく“東京”を題材にした唄からは、「歌謡曲」そのもののエッセンスをより豊かに受け取ることができると言える。また、リオオリンピックが開催されているさ中、次回の開催地として「東京」への注目が高まっていることもあり、「東京」をテーマにしたこの番組はそんな意味からもタイムリーな企画でもある。

さらに今回、桑田自身の未発表の新曲「悪戯されて」の地上波初オンエアともなる。あらゆるポイントに注目したい特番だ。

20:00-21:30 WOWOWプライム 桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝 ~東京の唄~ SP版」▽桑田佳祐が日本歌謡史に残る名曲の中から「東京」を題材にした曲を集めて歌う。桑田自身の未発表の新曲「悪戯されて」が披露されたことも話題を呼んだ特別番組のSP版。

介護職ではやはり昭和の歌にふれる機会が多いのですね!
桑田さんのお姫様姿、似合ってましたね。美空ひばりさんの顔真似をしてて、似てました(笑)
演奏者もチョンマゲ姿だったり、街娘だったり、楽しんでいました。
「悪戯されて」は素敵な音楽でした。
もしかして前川清さんに提供するつもりで作ったのでは?と思ってしまいました。
アルバムを作っていると桑田さん言っていたので、そちらに入れるのでしょうか??

近年の桑田は、「歌謡曲」が自分にとって重要な音楽的ルーツのひとつであることを再認識するとともに、<Act Against AIDS>で「ひとり紅白歌合戦」に挑戦するなど、歌謡曲がもつ価値を再発見する試みを行い、「歌謡曲」を自らの活動におけるキーワードのひとつにしてきた。日本人による日本人のための大衆音楽、「歌謡曲」── 当番組は「歌謡曲」に対する桑田のそのような思いを、わかりやすい形で表現する一大エンタテインメントと言えるだろう。なお番組内では、過去の名曲たちにリスペクトを込め、これまでの音楽人生を共に歩んできた桑田自身も敬愛するミュージシャンたちと共に、ほとんどの曲が原曲にほぼ忠実に丁寧にアレンジされ、一曲一曲すべて生楽器の醍醐味を感じさせる演奏を堪能できる。

これまでの音楽人生を共に歩んできた桑田自身も敬愛するミュージシャンたちと共に、楽曲へのリスペクトを込め、ほとんどの曲は原曲にほぼ忠実に、丁寧にアレンジを施され、一曲一曲すべて生楽器の醍醐味を感じさせる演奏を堪能できる。

桑田佳祐
クワタケイスケ
1956年2月26日生まれ。神奈川県茅ケ崎市出身。1978年サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」でデビュー。デビューして以来フロントマンとして、またソロアーティストとして常に日本のミュージックシーンのトップを走り続けている。ソロ名義では、1987年リリースの「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」で活動を開始。以降ソロ活動も精力的に続けており「波乗りジョニー」「白い恋人達」「明日晴れるかな」などヒット曲も多数。

桑田佳祐 悪戯されて 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -