平川幸男&秋岡秀治 浪花の父子酒

作詞:もず唱平
作曲:三山敏

▲お前と呑むのは久しぶり
肴は何でも いゝけれど
色気がないのが淋しいね
△呆けたらあかんで 親父さん
そろそろ枯れて エエ歳やのに
やもめは辛い 辛いものなのか

▲想い出すなァー。目元涼しくぽっちゃり顔で、
着物がよう似合う女やったなァ。
△お袋さんのことかいな。
確かに親父のいう通りや、めったに逢えへん人やったなァ。

△男で生まれて 来たからにゃ
涙は呑み込め 流すなと
厳しい言葉を吐いたひと
▲オレにも云うてた これからの
人生ドラマ 主役はあんた
私は壁の 壁の花でよい

▲立てば芍薬(しゃくやく)、座れば牡丹。歩く姿は百合の花。
あんな別嬪(べっぴん) みたことないわ。
△なんや親父、のろけてんのかいな。
倅に云うのはエエけど、人に聞かれたら笑われまっせ。

▲夜空にまァるい 月が出た
△誰かに似ている 面立ちが
▲『あいつや』 △『そうやな お袋や』
△今夜は三人 相席で
呑み明かそうか 夜の明けるまで
□乾盃しよう ▲おーい聴こえたか

▲→父
△→子
□→二人

平川幸男&秋岡秀治 浪花の父子酒 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -