嵐 同じ空の下で 歌詞

発売日:2015年2月25日
歌手:嵐
作詞:Trevor Ingram
作曲:Trevor Ingram
歌詞:
飛行機雲が一筋流れる 空を見上げた その少年は
あどけなかった あの頃の僕を 思わせるような蒼さに満ちて

大きな夢とたくさんの希望に 溢れてたあの日が蘇る
いつの間にか バランスを変えてた 心にそっと語りかけてくるんだ

壊れた夢は また積み上げりゃいい
譲れない思いがある限り 繋がってゆく
そうさ 僕らの願いは同じ未来へ

果てしない旅路のその途中で
僕らはこうして 時に振り返りながら
世界中の希望を掻き集めて
その手のひらに 今日から 少しずつ手渡してゆこう

何も知らずに僕らは生まれて 何か求めて 歩んでゆく
嫌になるほど 抱える今だけど きっと余計なものなどないんだ

いつかは 誰もが同じように
守るべき何かを見つけてゆく
どんな風に 僕ら 伝えようか ここにある未来を

もしもあの日の僕にたった1つ
伝えられるとしたら 迷いはしないよ
忘れないで きっとすぐそこにある
君の望みへ 願いへ 導いてくれる答えが

遥かな道を行く 僕らの物語を
彩るすべてが 今は愛おしい
思いが重なった この瞬間
追い掛けてみようか あの飛行機雲
…走れ!

同じ空の下で

果てしない旅路のその途中で
僕らはこうして 時に振り返りながら
世界中の希望を掻き集めて
その手のひらに 今日から 少しずつ手渡してゆこう

嵐 同じ空の下で 歌詞 関連PV動画一覧

- スポンサーリンク -